柏市民の為のGW映画レビュー2020 後編

最終更新日 2020年4月27日

ページID 054693

印刷

STAY HOME週間です

オレなんか臆病なもんでね、コロナが怖いですからね

家から出ろ!と言われましても家に居たいです

でもね、家でやることって意外とありますし

この機会に趣味の幅を広げようってのもアリですアリ!

ま、趣味の王様と言えば切手収集と映画鑑賞ですよね

オレの40数年の映画鑑賞履歴がやっと!やっとです!

皆様のお役に立てる時が来ました

先週は30本のオススメ映画を書きまして

今週は残り31本を紹介したいと思います

映画選びの一助になれば幸いで御座います

ちなみにオレは先週から今日まで2本観ました

まだまだSTAY HOME週間は続きます

少しでも家での時間、楽しく過ごしましょう!

えいが02

☆☆☆ ドラマ・ファンタジー映画 BEST11 ☆☆☆

ゴッドファーザー1~3(1972~1991年・アルパチーノ)

ソニーはボスの器じゃなかった・・・でもミザリーで小説家として復活

アマデウス(1984年・トムハルス)

クラシック音楽を題材にした映画の傑作ですね、20回は観ました

風と共に去りぬ(1939年・ビビアンリー)

これを観ずしてハリウッドを語るなかれって母(91才)が言ってた

ローマの休日(1953年・オードリーヘップバーン)

劇中オードリーがスペイン階段でソフトクリームを食べますが現在は禁則事項

アンタッチャブル(1987年・ケビンコスナー)

切れ芸でロバートデニーロに勝てる人はいないと思います

タイタニック(1997年・レオナルドデカプリオ)

はやくタイタニックⅡが観たいなぁぁぁ・・・無理かぁぁ・・・

ロード・オブ・ザ・リング(2001・2・3年・イライジャウッド)

超大作であり大傑作!ハリポタ超えか!?主役はゴラムだと思う

グラディエーター(2000年・ラッセルクロウ)

世界史マニア垂涎の大歴史ロマン 驚愕の怪我の治療法は必見

ロッキー(1976年・シルベスタースタローン)

みんなロッキーになりたくて生卵をゴクゴクするのが流行りました

フルメタルジャケット(1987年・スタンリーキューブリック監督)

鬼教官は本物の教官なんですよね 絶対にTVじゃ放送できないセリフ連発

アップグレード(2018年・ローガンマーシャル)

B級SFかと思ったら大当たり!先週のSF映画BEST10書いた後で観ました

☆☆☆ コメディー映画 BEST10 ☆☆☆ 

お熱いのがお好き(1959年・マリリンモンロー)

これを観ずしてコメディー映画を語るなと母(91才)が言ってた

恋はデジャヴ(1993年・ビルマーレイ)

タイムリープ系コメディの傑作だけど全然有名じゃなくて寂しい

ペテン師と詐欺師(1988年・スティーブ・マーティン)

S・マーティンは米コメディー界の第一人者だと思う

バックトゥザフューチャー1~3(1985~1990年・マイケルJフォックス)

SF映画だけどコメディーでもあるハリウッド映画の金字塔

ギャラクシークエスト(1999年・シガニーウィバー)

スタートレック好きには絶対に観て欲しい佳作

知らなすぎた男(1997年・ビルマーレイ)

ビルマーレイはゴーストバスターズじゃなくてコッチだと思う

ホームアローン(1991年・マコーレカルキン)

ギャング映画では超怖いジョー・ペシがこの映画では怖くありません

少林サッカー(2001年・チャウシンチー)

ワイヤーアクションが許せるのはコレとマトリックスだけ

大災難PTA(1987年・スティーブ・マーティン)

誰も知らないS・マーティン、これも大傑作なのに・・・寂しい

Mr.Booシリーズ(1974~2004年・ホイ3兄弟)

その昔、大ヒットしまして柏から日比谷まで観に行きました

☆☆☆ アニメ映画 BEST10 ☆☆☆ 

天空の城ラピュタ(1986年・studioジブリ)

ジブリでは一番好きですね、やっぱり冒険活劇がイイ!40秒で支度しな!

トイストーリー(1995~2019年・ピクサーstudio)

3Dアニメの歴史を変えた傑作ですね、オレのブーツはガラガラ蛇!

風の谷のナウシカ(1984年・トップクラフト)

レーザーディスク買ったなぁ・・・そのもの青き衣を纏いて金色の野に降り立つ

ルパン三世/カリオストロの城(1979年・東京ムービー)

クラリスか?シータか?ナウシカか?サンか?オレはクラリス派です

うる星やつら/ビューティフルドリーマー(1984年・東宝)

アニメだったらコレだね!と言えば「ツウ」だと思われます

ウォレスとグルミット(1990年~・ニックパーク)

クレイアニメと言えば、コレか「ピングー」ですね、良作です

Mr.インクレディブル(2004年・ピクサーstudio)

アメリカ人はヒーローが好きなんだなぁと理解できますね

ファインディング・ニモ(2003年・ピクサーstudio)

熱帯魚のカクレクマノミがブームになった大ヒット作、楽しいです

もののけ姫(1997年・studioジブリ)

いにしえの日本がココに詰まってます、シシ神さまに会いたい!

アナと雪の女王(2013年・ディズニー)

これを観ずしてディズニーを語るなかれ!って感じですね、今はね

いや~オレもホント、よく見たなぁ

以上61本、全部オススメですので楽しいお籠りを!

(つづく・・・オススメの邦画もありますが)

情報発信元

パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート