柏市民の為のGW映画レビュー2020 前編

最終更新日 2020年4月20日

ページID 054635

印刷

さあGWだよ~!毎年恒例の映画レビューだよ~!

そもそも、なぜGWに映画レビューなのか?

愚者「センパイ!せっかくのGWです、どこか行きましょう」

オレ「愚か者!わざわざ休日に疲れに出かけるとは笑止」

愚者「センパイ!オレだって遊園地行きたいっス」

オレ「愚か者!どこも激混みだよ!時間とお金の無駄遣い!不合理だよ」

なる、極めて論理的思考から導き出されているのです

GWこそ家でゆっくりするべきなのです

だがしかし、今までは必ず反論されてました

愚者「センパイ!人間は合理性だけの生物ですか?それでイイんすか?」

オレ「まあ、感情の生物でもあるけどな・・・」

愚者「じゃあ感情の赴くままに出かけましょうよ!」

オレ「ううう・・・一理ある」

ってね、混んでいるのを承知で出かけてたワケです

それがまさか柏市民全員が家でゆっくりするGWになるとは

コロナ禍おそるべしです、ハイ

まあでも、もう毎日がGWだよ~って人、多いでしょ?

オレも同じです、もう、ほぼ、家にいます

コロナ禍でイベント・ライブが全部中止はもちろんのこと

番組収録も全~部、自宅からリモート収録だし

レコーディングも密室での対人作業なのでNGです

なんか当分の間、元には戻らない気がするんですよ

この「当分」がどれぐらいなのか?

一か月なのか?それとも1年なのか?それは誰にもわからない

わからないならクヨクヨしないで、家で英気を養おう!

オレはそう思うことにしました

美味しいもの食べて、よく寝て、映画を観てね

体を壊したら元も子もないです、さあ映画を観ましょう!


2020gw

さてさて、今回は映画を観る時間がた~くさんあります

そこでオレも映画鑑賞歴40数年の英知を結集して

ジャンル別ベスト映画60本をみなさんに紹介します

ま、書いてる途中で若干飽きてきましたが・・・

ぜひとも!映画選びの参考にしてください

☆☆☆ アクション映画 BEST10 ☆☆☆

アトミックブロンド(2017年・シャーリーズセロン)

こんな美人じゃ目立ちすぎてスパイになれないと思うのですが

プライベート・ライアン(1998年・トムハンクス)

一人を救うために大勢が犠牲になる悲しい話です

プロジェクトA(1983年・ジャッキーチェン)

ジャッキーは河合奈保子さんの大ファンなんですよね

レオン(1994年・ジャンレノ)

牛乳が大好きな殺し屋ってのがオシャレなんです

ボーン・アイデンティティー(2002~2016年・マットデイモン)

鼻の骨を折りながらアクション撮影した本格スパイ映画 5作とも佳作

ミッション:インポッシブル(1996~2018年・トムクルーズ)

シリーズ6作が全部面白いけど、007シリーズも面白いので見てやってください

インディージョーンズ(1981~2008年・ハリソンフォード)

この映画で考古学に目覚めた若者も多い・・・のか? 最初の3部作がイイ

ダイ・ハード(1988~2013年・ブルースウィリス)

これも最初の3部作が面白い 「ダイハード」ってバッテリーも発売された

ランボー(1982~2019年・シルベスタースタローン)

絶対に弾丸がランボーには当たらないサイキックアクション映画

☆☆☆ サスペンス・ホラー映画 BEST10 ☆☆☆

ミザリー(1990年・キャシーベイツ)

ジェームスカーンはGFで惨殺されて、ここでも脚を折られます・・・ギャ~!

シックスセンス(1999年・ブルースウィリス)

結末を「言うなよ!言うなよ!絶対に言うなよ!」の代表格

シャイニング(1980年・ジャックニコルソン)

双子姉妹の映像がいまだにオレのトラウマです、怖すぎます

エスター(2009年・イザベルファーマン)

ヒットしなかったけど佳作です 女性は化粧で変わるんです

ギフト(2000年・ケイトブランシェット)

エリザベス女王から超能力者までこなすケイトブランシェット凄い

アザース(2001年・ニコールキッドマン)

主役が美人なので妙に顔のアップが多い イギリス貴族は優雅ですね

ファイナルディスティネーション(2000~2011年・アリラーター)

何しても命を落とす映画 5作全部一緒だけど面白い 鉄棒から落ちても助からない!

チャイルドプレイ(1988~2019年・チャッキー)

シリーズ8作、チャッキーもいつの間にかホラー界の大物に

オーメン(1976~2006年・ダミアン)

オーメンかエクソシストか?オレは絶対にオーメン派でしたね

危険な情事(1987年・マイケルダグラス)

単なる不倫映画かな~と思ってると最終的にホラー映画になります

☆☆☆ SF映画 BEST10 ☆☆☆

スターウォーズ(1977~2019年・ジェダイ)

父と子の愛憎を泣きながら観るのがツウです

コンタクト(1997年・ジョディーフォスター)

本格派SFですけど、変な日本人が沢山出てきます、東洋の神秘を堪能

エイリアン(1979~2017年・シガニーウィーバー)

プレデターとも戦うエイリアンですが、シガニーさんには勝てません

インターステラー(2014年・マシューマコノヒー)

壮大な多次元を表現したSFなんですけど、最終的に親子の愛が大勝利

アルマゲドン(1998年・ブルースウィリス)

人類を救う壮大なSFなんですけど、最終的に親子の愛が大勝利

ターミネーター(1984~2019年・アーノルドシュワルツェネッガー)

面白い順番としては 1≧2>>3>>ニューフェイト>4

マトリックス(1999~2003年・キアヌリーブス)

相当、腹筋と背筋が強くないと弾丸をよけることはできません

ガタカ(1997年・イーサンホーク)

隠れた名作、好きなSF映画は「ガタカ」と言えば間違いない

アポロ13(1995年・トムハンクス)

アポロと言えばアポロチョコ!アポロ計画は人類の夢だったお話

月に囚われた男(2009年・サムロックウェル)

低予算だって面白いSFが撮れると証明、歴史的偉業を達成した傑作SF映画

いや~映画って本ッ当にたくさんありますね

サイナラ・サイナラ・サイナラ

(つづく・・・みんな無事に過ごしてください)

情報発信元

パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート