柏カフェガイド~NO.11~うらら

最終更新日 2018年12月17日

ページID 048853

印刷

1976年、柏駅西口ロータリー正面に

そりゃ~オシャレな喫茶店「うらら」がオープンしたんです

高校一年生だったオレは友人とドキドキしながら入りました

そりゃ~キレイなウエイトレスさんがおりまして

ご注文は?なんてオレの目を見て言うんです

「ホホホ・・・ホットください!」

大人のフリしてホット~なんて言うワケです

一杯250円だったかな?当時の相場はそれぐらいです

店内を見回すと内装がね、これまたオシャレでして

白木の格子が北欧風でね~キレイでね~

そして天井からはッ!球状の吊り下げスピーカーっす!

このスピーカー知ってるよ!ビクターの高いヤツだよ!

当時はオーディオブームなんてのもありまして

15才のオレと友人はスピーカーだけで大興奮ですよ


「お待たせしました、ホットコーヒーです」

フゥフゥ・・・ズズッ・・・ふぅ・・・これが大人の味か

ま、味なんて全ッ然、覚えてませんけどね

スピーカーからはアバのダンシングクイーンが流れてまして

まさに北欧風ってヤツで、オシャレな空間過ぎでしょ!

オレは感動しながら、時間よ止まれ!なんて思ったもんです

コレがオレの喫茶店の原体験なんですよね~

その「うらら」ですけど、まだ西口駅前で絶賛営業中なんです

最近、全然行ってないですね・・・

ってか、あれ以来42年間、行ってない

オレは東口のJAZZ喫茶・モンテローザ派になったんでね

よし、じゃあ久々に行ってみるか、うらら!

うらら1

うん、イイですね

まず「うらら」のフォントがイイ!当時のまま!

あと蝋細工の見本もイイですね

最近のスカしたカフェには蝋細工の見本なんてないですから

さてと、まずはコーヒーでも注文するかなと・・・

え~っと・・・ギュエェェェェ~!コーヒー250円!

42年、お値段据え置き~!

物価の優等生と言えば、生卵とうらら、これ常識ですわ

ズズウゥゥ・・・うん美味しい

な、なんだアレは!?店内にデススターが浮いているぞ!

ルーク!フォースだ、フォースを使え!

いや待てよ、確かアレは2回も爆発したハズだけど

違う!よ~く見るとビクターの球状スピーカーだ!

当時のままじゃないかぁぁぁぁッ!

うらら2-2

 店内の奥、オレの頭上に見えるのがスピーカー

いやいや~スゴイな、まだ壊れずに動いている

これ、イスもテーブルも当時のままだな、たぶん

なんて物持ちがイイんだよ!

デススターも2回爆発しないで、うららを見習うべき

でも白木の格子枠は無くなったのかな・・・寂しいな

いや待てよ!あの木枠・・・白木が経年変化で飴色になったんだ!

うらら4
  元・白木だった飴色木枠です(店員さんに確認済)

ちょっと・・・白木の北欧家具も42年たつとこうなるのか

いや~すげぇ!すげぇよ!

うららを昭和・日本遺産に登録してもイイんじゃない?

わかった!オレが42年前に「時間よ止まれ!」なんて思ったから

あの日から何も変わってないんじゃない?

もしかしてオレ、42年前、このイスに座ったんじゃない?

いやいや、ロマンティックですな~

「君の名は」みたいにSF調で映画化するべきですよ

タイムスリップものでね、イイじゃないですか

だがしかし!あのスピーカーは実はデススターだった!

オレ「チューイッ!右上に敵機!気をつけろ!」

チューバッカ「ウォウオォ~!(了解!)」

みたいなね・・・

全然ロマンティックじゃないか

なんか興奮したらお腹すいてきた

じゃあオネーサン、うららライスっての下さい

名物なの?へぇ・・・ドリアとピザが合体した?へぇ・・・

美味しそうですな~中にパイナップルも?へぇ・・・

これか・・・イタダキマ~ス!

うらら5

ごちそうさま~!

あれ?一瞬で食べ終わったよ!

すげぇ美味しかった記憶はあるのに・・・

どうやらタイムスリップしたようだな!ハッハッハ!

おあとがよろしいようで・・・

(つづく・・・喫茶ぷりぷりも行かないと!)

情報発信元

パッパラー河合の とことん!KASHIWAマイ・ラブ


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート