第18回 道の駅しょうなん・手賀大橋

最終更新日 2018年12月5日

ページID 048544

印刷

道の駅

(昔)道の駅「しょうなん」 

自然・農業との交流・ふれあいをテーマとした都市農業センター「つばさ」にて,地元産の農産物を販売。手賀沼のほとりで、ひと休み。レストランも併設されています。

平成13年(2001年)4月設置

道の駅しょうなん

(今)現在の道の駅「しょうなん」

正面玄関を入ると柏市や手賀沼の周辺施設などの関連情報を提供しています。ゆったりとした大型駐車場。沼周辺にはさまざまな生物や植物が生息しています。豊かな自然と触れ合うのも楽しい時間です。

平成30年(2018年)6月

道の駅しょうなん

(今)手賀大橋から望む道の駅「しょうなん」

周辺には、隣接する手賀沼ふれあい緑道を始めハスの群生地、手賀沼親水広場、鳥の博物館等、観光ポイントが点在し、手賀沼周辺観光の拠点として期待されています。

平成29年(2017年)9月

道の駅しょうなん

(今)道の駅しょうなん、インフォメーションホール

正面玄関を入ると、大型テレビのある休息コーナーがあり,新鮮なおいしさに出会える農産物直売所があります。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(昔)行商の人々などを運ぶ「中秋丸」桟橋の風景

大昔から手賀沼は、魚や鴨の猟場として,また人や物を運ぶ大切な水上交通路として人々に利用されてきました。かつては17ケ所ほどの渡し場がありサッパ舟と呼ばれる小船がつながれていました。戦後行商などの人々の増加により昭和28年(1953年)風早村と我孫子町の間に県営の渡船が就航します。舟の定員は30人で他に自転車などの荷物を積む場所もありました。当時の風早村長・中台正夫と我孫子町長・秋谷好治の頭文字から「中秋丸」と名づけられました。

道の駅しょうなん

(昔)県営の渡船「中秋丸」

我孫子側の桟橋は、手賀沼公園、小池ボート場付近に。風早側の桟橋は今の手賀大橋のたもとにありました。運行は1時間に1本ほどでした。

昭和31年(1956年)

道の駅しょうなん

(今)中秋丸 県営渡船・発着場看板

この場所には昭和28年から手賀大橋の開通する昭和39年までの11年間、柏市から我孫子市に渡る「中秋丸」の渡船場がありました。「中秋丸」は都心に向かう、行商のおばさんや学生たち、たくさんの荷物を無料で運び続け柏の人々に親しまれたそうです。手賀沼遊歩道・手賀沼ふれあい緑道・手賀側に設置されました。

道の駅しょうなん

(昔)祝 手賀大橋開通

昭和30年代に入り船便に替わって大量輸送の可能な架橋への期待が大きくなり「中秋丸」輸送の限界から手賀沼に橋を架ける事が決まり昭和37年(1962年)起工式が行われ,昭和39年(1964年)7月に完成し、開通式が行われました。昭和47年(1972年)には県道の路線名が「船橋-我孫子線」と変わりました。

道の駅しょうなん

(昔)旧手賀大橋

幹線道路として重要度を増す一方交通量は増加、平成4年(1992年)新しい手賀大橋の架け替えが始まり、平成9年(1997年)に最初は2車線で開通しました。

平成6年(1995年)

道の駅しょうなん

(今)現在の手賀大橋

平成13年(2001年)美しいアーチを見せる4車線の橋が誕生しました。水の館、展望台からの眺めです。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(今)現在の手賀大橋

手賀沼の中央にかかる全長415mの11連アーチ橋。ここから眺める手賀沼の風景も素晴らしく、日の出や夕景の撮影スポットとしても人気。橋のたもとには手賀沼のほとりでホットするステーション「道の駅しょうなん」があります。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(今)手賀大橋から見た手賀沼の風景

豊な自然に囲まれた水辺の空間、手賀沼の魅力の一つです。

平成28年(2017年)8月

情報発信元

かしわ今昔再発見~昔を知り、今を知る~


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート