【第115号 手賀東小学校稲刈り体験】

最終更新日 2019年10月7日

ページID 052284

印刷

【第115号 手賀東小学校稲刈り体験】
去る9月30日、柏市の一番東にある、柏市で一番児童数の少ない<小規模特認校:柏市立手賀東小学校>で全校児童48名による稲刈り体験があるというので、その風景を上空から撮影して差し上げました。この春5月29日に、自分たちで田植えをした稲を刈り取るということなんです。11月には収穫祭もあるとか。自然と学ぶ教育も素晴らしいですね。
「地域の特色や働くことの大切さを学ぶ体験活動」の一環として行われているそうです。

a
農家の方の話をしっかりお聞きして、いざ稲刈りが始まります。
ここからの写真5枚は、友人のHさんから提供いただいたものです。
a

aa

楽しそうですね

a

a

ちょっと上空から見てみると・・・
a
先生もメガフォン片手に大奮戦です、

aa
上空から見るとこんな風に見えます。上空からの写真は初めてのことで、大変喜んでいただきました。

a
この行事は10年以上前から行われてるのだそうで、1年生から6年生は縦割りで活動することで異学年の交流を深めてるそうです。大きな学校ではできないことで、まさに小規模学校ならではの仕組みですね。
a

刈り取った稲はコンバインで処理され、その光景もしっかり見て勉強してました。
a
それでは最後に、いつもの手賀沼写真。
今回は、暁に映える「手賀沼のヒガンバナ」です。9月28日 朝5時半撮影。サージタンク広場

a

それでは今回はこの辺で。

【手賀沼のヒガンバナは、今週で終わりの様相です】

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート