【第107号】ハスの群生地は今

最終更新日 2019年6月28日

ページID 051014

印刷

【ハスの群生地は今】

1か月ぶりの投稿です。もう6月も残すところ、あとわずかとなりました。今回は「手賀沼ハスの群生地」最新情報をお伝えします。
10日ほど前になりますが、ご覧のような状況です。

aa
柏側、手賀沼自然ふれあい緑道から見るハスの状況は、このように<ハスの茎>が見当たりません。

a

年々、ハスの群生箇所が沼の中心方向(手前から向こう側)へ移動しています。

a
残念ながら、ついに今年は、陸側から直接肉眼でハスの花を見ることは難しいようです。

a
7月後半からは、蓮見舟が就航(有料)しますのでそれに期待するしかありません。
今日現在は、この写真を撮影した時より生育してると思いますが、それにしても茎の生えてない場所はこのままでしょう。
原因は、よくわかりませんが、コブハクチョウに新芽を食われたのか、老木の茎になってしまったのか、ほかの原因なのか
悲しいハスの群生地になりそうです。次号で、引き続き最新情報をお伝えします。
    
それでは、いつもの手賀沼の朝(午前4:30ごろ)をご覧ください。
<6月14日>

a
日の出の瞬間

a
日の出から5分経過で、こんなに日が昇っています。

<6月17日>

a
日の出前が一番美しい

a
日の出の瞬間

a
朝日に照らされた手賀沼の水面がきれいです。カワウも気持ちよさそうに、湖面を見ています。

<6月18日>
a
前夜からのストロベリームーン。曇り空の一瞬の間隙をぬって撮りました。(4時14分)
ちなみに 満月の呼び名をアメリカでは
5月は、花が咲く頃で「Flower Moon」
6月は、イチゴが熟す頃で「Strawberry Moon」
7月は、雄ジカの枝角が伸びきる頃で「Buck Moon」というらしいですよ。
来月の満月は6月と同様17日です。しっかりBuck Moonを拝見したいと思っております。

a

日の出から5分後
いつも見ても、手賀沼の朝はすがすがしいし、気持ちいいですね。
それでは、次回まで。

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート