【第97号】手賀沼「彼岸花ひろば」

最終更新日 2018年9月28日

ページID 047867

印刷

【第97号】手賀沼「彼岸花ひろば」
秋分の日をめざして、ヒガンバナはその名の通り日本全国一斉に咲くんでしょうね?。不思議ですね。

彼岸花は別名「曼珠沙華」と言いますが、これはサンスクリット語で「天界に咲く花」というんだそうです。「おめでたいことが起こる前兆として、天上から赤い花が降ってくる」という仏教の経典から来てるんだそうです。

彼岸花は次のような独自の成長サイクルを持っているんですね。

  • 秋:急成長と開花
  • 冬:葉が茂る
  • 春:光合成
  • 夏:枯れる
  • 秋:再び開花

「葉見ず、花見ず彼岸花」とよく言ったもので、花のある時期には葉がなく、葉のある時期には花がない。花は終わってから葉が出てくる。不思議なサイクルですね。
さて、ここは手賀沼自然ふれあい緑道の東端<曙橋>より西に1,400m地点のサージタンク設備に隣接する広場です。

a
ここに、7年前から「手賀沼に名所づくり」を合言葉に活動されている、ボランティア団体「一球会」の皆さんが植えた彼岸花が見事に咲いています。ここには約15,000球の球根が植えられています。緑道をサイクリングする人、ウォーキングする人などの目を楽しませてくれています。

a

qa
今年は、雑草も開花時期に合わせて狩りましたので、一層彼岸花が映えました。

a
今回、この場所を一球会の皆さんは、その名の通り「彼岸花ひろば」と呼ぶことにしたそうです。

aa
曙橋から緑道に沿って2,000m、彼岸花が植えられています。この日は我孫子方面の老人ホームの方が見学に来られていました。ふだん外に出ることの少ない方にとっては、大いに気分転換になったことと思います。
又 9月24日には、秋山柏市長にも来ていただきました。一球会の活動に理解を示していただきありがたいねすね。

a

a
母親を車いすで案内しているご家族もいらっしゃいました。市長も気軽に写真撮影に応じていらっしゃいました。柏市民にも、もっと知っていただきたいですね。

aa
これまた、友だち同士で見に来ていただいてました。市長も皆さんと気軽に談笑していました。秋山市長、毎年のことですがありがとうございました。
ここで彼岸花ひろば全体を見ていただきたく、動画をどうぞ。
<動画>「彼岸花ひろば」

次の話題です。
平成30年9月23日には、同じ「一球会」の皆さんが、「冬も緑道に花を」ということで、一月に咲く「ニホンスイセン」の球根植付作業を行いました。
a

a
一球会の名称の由来は、1月のニホンスイセン、9月のヒガンバナで名所づくりをしようと<1と9をもじって>一球会としたそうです。

a
2,000m続くヒガンバナと並列してニホンスイセンが植えられていますが、この日は、サージタンク設備の横の三角スペースに2,000球ほどのニホンスイセンを植えました。1月が今から楽しみですね。
こちらも、作業風景を動画でどうぞ。

<動画>ニホンスイセン植栽

夏も終わり、本格的な秋がやってきました。太平洋高気圧が日本列島を覆っていた夏が終わると、低気圧と高気圧が大陸から次々とやってきていろんな形の雲が見られるようになるんだそうです。

手賀沼の上空も楽しみな季節になってきましたね。

9月24日 16時の手賀沼の空をパノラマでどうぞ。

a

それでは今回はこの辺で

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート