【第62号】一球会の活動報告

最終更新日 2017年6月30日

ページID 041911

印刷

 

【第62号】手賀沼を彼岸花の名所に ~「一球会」の活動報告~
今回は<第56号><第59号>の続編として「一球会」の活動報告を行います。
ボランティア団体「一球会」(大山六男会長)は 手賀沼のほとり、柏市片山にお住いの概ね70才以上の方々10名で構成されています。「一球会」の名前の意味するところは、1月の「水仙」と9月の「彼岸花」にちなんで<一九→一球>語呂合わせで、命名されたとのことです。筆者も、その活動に加わって、ボランティア活動をしています。
先週の6月24日午前中約2時間、彼岸花の球根をメンバーによって植えました。
作業場所は、手賀沼曙橋より西、約1.1kmの手賀沼自然ふれあい緑道の公園内です。ここには、昨年まで約700mに渡って植えた彼岸花が約1500球すでに植えられており、今回はさらに400m延長しました。
次回は、あと200m、染井入落し(水路)際まで行う予定です。

a

aa
正味80mの区間に1㎡あたり20個、約1600個の球根を納めました。しゃがんだ作業のため、腰を伸ばし伸ばし行いました。   

植える際にはきちんと<手作りガイドロープを>使って赤いマークには真ん中にに3個、黒いマークには両側に3個づつ計6個を植えていきます。咲いたとき等間隔にきれいに見栄えよくするためです。
並べ方は、いわゆる「千鳥模様」に配置しました。

a

aa

   

今回は7名で作業をしました。それぞれ各人で作業を分担し、ロープを張るもの、決められた位置の土を柔らかく掘り起こして置くもの、球根をきれいに並べ埋めるもの、その上に土をかぶせるものと、作業はスムーズに行いました。今回は手際よく、2時間ほどで作業を終えました。球根は、別の畑で育てたものを2000個あまり持ってきて余裕をもって作業をしました。

a

aa

aa
この秋には1.1kmに渡って、<彼岸花が一列に咲き乱れます>。そう願っております。楽しみですね。

今回のこの作業は、一球会のほか、柏市地域生活支援センターあいネット(就労準備支援事業)の就労支援事業にも協力させていただきました。
その時の模様です。
aa
  
最後に、今回の作業に携わった<一球会メンバー>です。
a

それでは、今回はこの辺で・・・

   

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート