【第37号】ハスの群生地が見ごろを迎えています。

最終更新日 2015年7月31日

ページID 024317

印刷

手賀沼は、いまハスの群生地が見ごろを迎えようとしています。

実は、このハスの群生地の観賞桟橋は、<巨大鳥にデザイン>されてるんですね。ご存知でしたか?
この状況は、天空から見ないとわかりませんが、 ネットの地図サービスで写真ズームアップ確認するとわかりますよ。

ご覧の通り、<野鳥を形どっていた>んですね。 そんな桟橋から見られるハスがいま、見ごろなんです。昨年に比べると近くで見られますね。

1

 


ハスの群生地は柏市岩井から箕輪にわたる水面にあるのですが、地元選出の浜田ほづみ県会議員によれば、

『この由来は、昭和23年頃、岩井地区の農家が市場出荷するために市川市の行徳から種根を取りよせ、沼内の浅瀬や、付近の水田で栽培していたものだといわれています。

当時の手賀沼には、完全な堤防もなかったので、根茎が沼地内へ伸びたり、出荷時に沼の澄んだ水で蓮根を洗った際に不良品として捨てられたものが自生し、50年の歳月を経て10ヘクタール以上にも及ぶ大群生地となりました。又、蓮葉の下は小魚の産卵場所となっており、蓮の実は手賀沼で越冬する鴨等、水鳥の貴重な餌となっています。
さらに、この桟橋に使用されている木材は、アフリカ産の非常に堅いものであり、50年ぐらいは耐えられるといわれております。』とのことです。

近年は老朽化も進んで、桟橋もただいま一部工事中となっていますのでそのつもりで、どうぞ、お越しください。この写真は、昨日7月30日の撮影したものです。今年は、昨年に比べて、間近に多く見ることができます。

2

3

4
6
5
8
11

手賀沼ハス祭りも8月8日(土)開催されます。ハス見船も運航されるようです。ぜひ手賀沼にいらして下さいね。

 ★★★★★


さて、あす8月1日(土)は待ちに待った手賀沼の花火大会です。楽しく楽しんだ後の後片付けをよろしくお願いします。

いつまでもきれいな手賀沼に!

 

a

      

aa

   ルールを守りましょうね

これは昨年、筆者が撮影したものです。

b

2016年8月2日 撮影

c

2016年8月2日 撮影
今年も、すばらしい花火が見られますように・・・

d

終了後はよろしく

e

みんなの力でよろしく

それでは今回はこの辺で



© kuma3 H27.7.31

情報発信元

柏人への道(ぐる~っと手賀沼)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート