「第18回東日本学校吹奏楽大会」で酒井根東小と大津ケ丘中が“金賞”受賞!

最終更新日 2018年10月19日

ページID 048085

印刷

皆さんこんにちは!
先週末の土日に仙台銀行 イズミティ21(宮城県仙台市)にて行われた「第18回東日本学校吹奏楽大会」。
中学校・高等学校30人以下の編成および小学校のコンクールの最上位大会になりますが、先月行われた「第24回東関東吹奏楽コンクール」で東関東支部代表に選ばれた柏市立酒井根東小学校と柏市立大津ケ丘中学校が柏市内から出場。
見事2団体とも、最高賞の『金賞』を受賞しました!!!
(写真提供:フォトライフ)
第18回東日本学校吹奏楽大会 小学校部門
平成30年10月14日(日) 仙台銀行 イズミティ21
【金賞】(2年連続3回目)
東関東支部代表 柏市立酒井根東小学校(指揮:戸塚千穂)
♪「青い水平線」より(F.チェザリーニ)


柏市立酒井根東小学校は今回3度目の出場。
昨年は「ザ・レッド・マシーン」で“赤”が入っていましたが、今年は“青”ということで、「青い水平線」を演奏しました。
今回演奏した「青い水平線」は高等学校の部でも演奏されるような超難曲。
東関東支部出場30校からわずか2校しか選ばれない東関東支部代表として、小学生離れした技術と演奏に会場から大きな拍手が贈られました。

酒井根東1
演奏風景

酒井根東2
表彰式。金賞の賞状と盾が授与され、満面の笑みです!

酒井根東3
表彰式終了後の集合写真。皆さん、本当にいい顔しています。

第18回東日本学校吹奏楽大会 中学校部門
平成30年10月13日(土) 仙台銀行ホール イズミティ21
【金賞】(3年ぶり3回目)
東関東支部代表 柏市立大津ケ丘中学校(指揮:永井綾)
♪「鳳凰」~仁愛鳥譜(鈴木英史)

柏市立大津ケ丘中学校は、2009年(第9回)、2010年(第10回)、2012年(第12回)、2015年(第15回)と過去4回出場し、金賞2回、銀賞1回、銅賞1回を受賞していましたが、今回3度目の金賞受賞となりました!
演奏曲の「鳳凰」は一般バンドの委嘱作品として、2004年に作曲されました。作曲者が「愛」をテーマにして書かれたこの曲ですが、そもそも「鳳凰」とは、中国で生まれ我が国でも吉兆的なシンボルとして飛鳥・白鳳時代から文様などで定着した架空の鳥のこと。また古代エジプトが発祥だと言われるフェニックスは500年ごとに自らを焼き、その都度よみがえる「不死鳥」として知られています。これらと手塚治虫氏の「火の鳥」(未来編)のイメージか重なり、作品のテーマが構想されています。
中学生にとっては難解であり、さらには元々大編成用の楽譜でたくさんの苦労があったかと思いますが、大津ケ丘中学校の皆さんは見事な「愛」のハーモニーを仙台のホールに響かせました♪

大津ヶ丘1
演奏風景写真

大津ヶ丘2
表彰式

大津ヶ丘3
表彰式後の集合写真

市内から出場した酒井根東小学校と大津ケ丘中学校とも“金賞”を受賞し、最高の結果で終えることができた「第18回東日本学校吹奏楽大会」。
いよいよ明日、10月20日(土)・21日(日)は吹奏楽の甲子園、「第66回全日本吹奏楽コンクール」が名古屋国際会議場(愛知県名古屋市)で行われ、柏市内から柏市立酒井根中学校と柏市立柏高等学校が出場します。
今年の吹奏楽コンクールの集大成。2校の活躍に期待しましょう!!

情報発信元

柏人への道(吹奏楽)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート