2019年の柏市での一大スポーツニュース~オールブラックスがやってきた~

最終更新日 2019年12月27日

ページID 053298

印刷

写真8
今年も柏市はたくさんのスポーツで盛り上がり、柏レイソルも無事にJ2リーグ優勝でJ1復帰を決め来年につなげました。そんな柏市のスポーツで最も話題だったのは、やはりラグビーニュージランド代表のオールブラックスが事前キャンプを柏市で行なったことではないでしょうか。ラグビーワールドカップが日本で開催され、日本中がラグビーブームに沸いていた中、柏市はオールブラックスで大いに沸きました。
写真9
その一大イベントに大きく貢献した、柏市ラグビーフットボール協会の理事であり千葉県ラグビーフットボール協会の理事、広報委員長でもあります、吉田意人(おきと)さんにお話を伺いました。
長年、ラグビーを盛り上げるべく活動しており、もちろんいちラグビーファンでもある吉田さんにとって、オールブラックスが柏市にやってくると決まったことは本当に夢のようで、それと同時にそれがどのくらい凄いことなのかを柏市の皆さんにいかに知っていただけるかということに使命を感じていたそうです。
写真4
昨年からイベントなどでオールブラックス歓迎ムードに溢れていた柏市に、待ちに待ったオールブラックスがやってきたのは9月9日。宿泊するホテルの前には2,400人のラグビーファンや市民の方が集まり、今か今かと到着を待っていました。私は歓迎セレモニーの司会のため、会場にずっといましたが、あの熱気あふれる空間と時間と独特な緊張感は今でも忘れられません。台風の影響もあり、到着が予定よりかなり遅れてしまったのですが、これがのちに語り継がれる柏ハカを世間に広めることにも繋がったのです。
写真1
もともと歓迎セレモニーで披露する予定もなく準備をしていたわけではなかったのですが、選手の到着が遅れていたこともあり、会場にいた柏のラグビー少年少女たちが集まり、急遽ファンの皆さんの前で柏ハカを披露することになりました。それは突然の出来事でしたが、それまでしっかり練習してきたので、その踊りは会場の皆さんを感動させました。また、ずっと練習してきたニュージーランド国家を歌う子供たちもいて、その真摯な歓迎する行動と気持ちに、そこにいたニュージーランドメディアも感動し、動画を撮影、のちに広まっていったのです。これが選手の目にも止まり、選手の皆さんにも子供達の熱い想いが届くこととなったのです。
実は柏ハカができたきっかけも子供たちがニュージーランドラグビー関係者に感動を与えたことからでした。元々、少年ラグビー指導を通じてニュージーランドのオークランドラグビー協会と柏市ラグビー協会は関係があり、3月にオークランドラグビー協会コーチのカール・ポキノさんが柏の子供たちにラグビーを教えにきてくれることになりました。その時のために子供たちはニュージーランドのことを学んだり国歌を覚えてお披露目をしたりし、その光景に感銘を受け、ポキノコーチが柏ハカを作ってくれたそうです。
写真3
この柏ハカは日本中の話題にもなりましたが、お話を伺った吉田さんは、柏ラグビースクール所属のご家族の皆さんが心を込めて作った千羽鶴をキアラン・リード主将に手渡しした時に、柏市民とオールブラックスが繋がりこれからワールドカップを戦っていくのだと思えた瞬間もとても感動したそうです。とにかくラグビーブームに日本中が湧いた2019年でしたが、柏市はオールブラックスで盛り上がり、至る所で感動がまたさらに感動を生む現象が起きていました。
写真7

今年はラグビーという競技自体を多くの人に知ってもらうことができましたが、吉田さんは、さらに、ラグビーの競技人口を増やしたり環境整備をしたりしていかなくてはという使命感を持っていらっしゃいます。日本のトップレベルのラグビーが柏市民にとって身近なものになるようにと。
来年2020年はいよいよオリンピックが日本で開催されます。オリンピックのラグビーは7人制になりますが、15人とはまた違ったり楽しみがあるそうなので注目です。
そして、今年のラグビーワールドカップでいろんなドラマが生まれ、皆さんが感動したことで、ラグビーはただ単に勝った負けたとかだけではない、それ以上の感動や価値があることを知ってもらえたと吉田さんは言います。
皆さんが口にした「ワンチーム」という言葉に全てが詰まっているのだと思います。
勝ち負けを楽しむだけではなく、そこにいろんなドラマや感動があることを今年のラグビーW杯、そしてオールブラックスが柏に来たことによって柏市民の皆さんの心に焼きついたと感じます。
そんなラグビーの試合を、来年3月14日土曜日に柏で観ることができます。ジャパンラグビートップリーグ2020第9節、NECグリーンロケッツ対ヤマハ発動機ジュビロ戦です。是非、生でラグビー観戦をし、あの感動をもう一度味わっていただきたいです。

さて来年はスポーツを通じてどんなドラマが待っているのか。
2020年のカシスポに期待が膨らみます。また来年もカシスポの魅力を発信しますのでお楽しみに!
せ〜の!カシスポ応援したいっっ!!良いお年を〜〜!!!

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート