ラグビーを身近に~オールブラックスクリニック~

最終更新日 2019年5月24日

ページID 050524

印刷

 1

夏のような日差しが降り注いでいた令和元年5月17日、土南部小学校の校庭は6年生の元気な声と笑顔であふれていました。この日は2日目となる「オールブラックスクリニック」が開催されていたのです。いよいよ今年、日本で開催されるラグビーワールドカップに向け、柏市で事前キャンプを行うことが決まっているニュージーランド代表オールブラックスの協力もあり、ニュージーランド協会のコーチの方がはるばる柏にやってきて、小学生に向けてラグビーの面白さを教えてくださいました。5月16日からスタートし、柏市内の小学校8校、計9回、高校生向けのクリニック、ラグビースクールコーチ向けのクリニックが開催されます。

2

この日小学生がやっていたのはタグラグビーです。ラグビーの危険度の高いタックルをタグにおきかえ,ルールを単純にした内容で子供でもすぐに楽しめます。みんな、腰のあたりに色違いのタグをつけて、実際にラグビーボールを使って練習、試合をしていました。パスの練習や、タグをとる練習、ボールに慣れるための練習やリレー、試合と、カテゴリー分けされた練習をグループごとに行っていました。これは、ラグビー、そしてタグラグビー普及発展のための独自のプログラムだそうです。何より、生徒全員がお揃いのオールブラックス仕様のTシャツをきて、そのためのタグやボールを実際に使用しながら練習できたことは何より嬉しいことだと思います。

3

マークコーチの日本の子供たちの印象は、元気でみんな一生懸命だと。そんな子供たちに伝えたいことは、ルールやスキルも大事だけど、何より楽しむことだそうです。何事も楽しむこと、やりたいと思うことが1番!と、笑顔で教えてくださいました。

4

運動会直前にも関わらず、このクリニックの開催を歓迎してくださった、土南部小学校の芳賀修一校長は、とにかく大成功だと思う!と力強くおっしゃっていました。クリニックをこの小学校でやると決めた理由は、とにかく子供たちに本物を見せたかった、そして柏にオールブラックスが来るというのは柏市民として大きな喜びであること、それを教えたかったと。言葉が通じなくてもコーチはみんな子供たちをのせるのがうまいし、子供たちのあの笑顔を見たら大成功という言葉しか出てこないと、校長自身も嬉しそうに答えてくれました。

5

クリニックを体験した6年生は口をそろえて、楽しかった!またやりたい!と興奮気味に話してくれました。

6

閉会式では、ボールやビブス、タグなどのタグラグビーセットが小学校に寄贈。

こんな経験なかなかできません。私もとてもうらやましく感じました。

ラグビーフェスティバルチラシ

(画像をクリックするとPDF形式で御覧いただけます)

そして!そんなラグビーの面白さを感じられるイベントが今週末にもあります!

5月25日に柏の葉公園総合競技場で行われる「柏市ラグビーフェスティバル2019」。午前中にはラグビークリニックなどが行われ、午後はジャパンラグビートップリーグプレシーズンマッチ、NECグリーンロケッツVS東芝ブレイブルーパスが行われます。ラグビーを体験して、試合を観ることができるスペシャルなイベントなので、ぜひこちらでもラグビーの面白さを体験していただきたいです。

8

いよいよ、柏に世界の強豪、オールブラックスが事前キャンプにやってくるまで3か月ちょっと。5月末からはオールブラックス仕様のバスも登場するとか?!ますます盛り上がる、柏のラグビー!一緒に楽しみましょう。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート