柏でたんぼラグビー!!!

最終更新日 2018年7月9日

ページID 046878

印刷

1

平成30年6月2日に第1回手賀沼たんぼラグビーが開催されました。

その名の通り、田んぼでラグビーをする大会で、関東では初の開催となります。一般応募で集まった市民のみなさん、そして、おとなり我孫子を拠点に活躍するプロチーム、NECグリーンロケッツの選手、クボタスピアーズの選手のみなさんも参加。一般参加の大人や子どもに混ざって一緒にプレーしてくれました。プロ選手と一緒にラグビーができるだけでもすごいことなのに、なんと会場は晴れ渡る青空の下の田んぼ。この上ない体験ができたことと思います。

2

ここ柏で田んぼラグビーをしよう!と思いたった、主催の油原さんにお話を伺いました。以前から手賀沼周辺で収穫体験など自然を生かしたイベントなどを行っていて、何か違う観点から自然をアピールし,体験できないか考えていたところ、関西で開催されていた田んぼラグビーを目にして、これだ!と思ったそうです。日本ラグビーフットボール協会や千葉県ラグビーフットボール協会、地元企業の協力もあり、晴れて開催となりました。

3

千葉県ラグビーフットボール協会の吉田さんは、当日、審判としても田んぼの中で大活躍。ラグビーというと若くて元気な人が思いっきり走るイメージですが、大人でも子どもでも、プロでも素人でも楽しめるとおっしゃていました。そして、田んぼラグビーによって、手賀沼周辺が盛り上がり、そしてラグビー熱も盛り上がり、来年にはニュージーランドラグビー代表オールブラックスがやってきてさらに盛り上がることを期待していました。

4

プロ選手であるNECグリーンロケッツの宮島裕之選手にもお話を伺いました。第一声が「めっちゃ楽しかった!」でした。最初、田んぼでラグビーをやると聞いたときは、足がとられそうで怖いな、怪我したら嫌だな、泥だらけになっちゃうな、と心配がつきなかったそうです。でもいざやってみると、安全だし、汚れてしまえば開き直って泥だらけになる面白さも感じたそうです。陸上だと走力に差がついてしまうけど、田んぼの中であれば大人も子どもも差がでないし、子どもだってトライできる!そして子どもが喜んでくれることが嬉しいと。来年も開催されるとしたらまた参加したいという宮島選手の夢は、ラグビー日本代表になることだそうです。こちらも引き続き応援したいです。

イベントの最後は、NECグリーンロケッツ対クボタスピアーズのプロ対決。しかも田んぼラグビーです。とても貴重な試合、こちらも大いに盛り上がりました。

5

みんなが笑顔であった田んぼラグビー。ぜひ来年は私も参加したいです。ぜひみなさん一緒に参加しましょう。そして、来年のラグビーワールドカップ、オールブラックスのキャンプに向けて、柏のラグビー熱もますます高まりますように。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート