ニュージーランドラグビー代表、オールブラックスが柏にやってくる~~~!!!

最終更新日 2018年6月29日

ページID 046774

印刷

1 

2019年、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。その事前キャンプとして、2019年9月10日から14日まで、ラグビ―の世界ランク1位、ニュージーランド代表のオールブラックスが柏にやってきます!!これって・・・ものすごいことなのです!ビックニュースです!!!あのオールブラックスが柏にやってくるのです。

2

3

そしてその事前キャンプ地決定報告およびプロモーション活動発表会が行われました。ゲストにニュージーランドラグビーCEOスティーブ・チュー氏、ニュージーランドラグビーチェアマンのブレント・インピー氏、そして、ニュージーランドでは英雄である、元ニュージーランドラグビー代表のジョン・カーワン卿がいらっしゃってスピーチしてくださいました。ニュージーランド人にとってオールブラックスがどれだけ誇りあるチームであるか、どれだけ国民に愛と勇気を与えているか、すごく心に響きました。

ニュージーランドでは、コミュニティの一部として、男の子も女の子も幼いころからラグビーをやっており、様々な人種の人たちも言語や肌の色を飛び越えて、ラグビーでコミュニケーションをとり,仲良くなれるケースもよくあるそうです。

4

そんなラグビー王国ニュージーランドの人たちが誰もが憧れる存在,それが、オールブラックスです。その歴史は古く、何十年も前から愛されてきたチームでありますが、今回、柏に来てくださったジョン・カーワン卿によって、さらに愛され尊敬されるチームになったそうです。ジョン・カーワン卿が選手だったときに、選手として人間として、弱い部分を見せつつも英雄になっていく姿を見せたことにより、それまで「男たるもの強くなくてはいけない、弱さを見せてはいけない」というニュージーランド人の考えを変えたそうです。弱くたっていい、それは恥ずかしいことではないし、どん底からも這い上がれるのだと、身をもって教えてくれました。そこからオールブラックスはただ強いだけのチームではなく、人間的に素晴らしい選手が集まるチームになったのです。人種差別をなくそうという呼びかけをしたり、フェアプレー精神を掲げたり、つねに国民から愛され尊敬されるチームになりました。

そんなチームが柏に来てくれるとは、柏のスポーツの歴史において快挙だと思います。ほんの数日ではありますが、どこかで選手と触れ合ってほしいです。そして、柏が選ばれたことに誇りを持ってほしいです。

そして、ラグビーワールドカップの際は、オールブラックスを応援しましょう。試合前に行われる「ハカ」(ニュージーランドのマオリ族の民族舞踊で試合前に選手が踊る)は、それはそれはかっこいいです。挑発的に見えますが、ハカは相手選手への敬意をこめた、これから戦いに臨むための素晴らしい踊りなのでぜひ見ていただきたいです。

オールブラックスフラッグ

柏の街中に今からブラック一色のかっこいいポスターやフラッグなどが飾られています。きっとこれからもっと盛り上がっていくはずです。みなさんもオールブラックスのフラッグなどを見つけてくださいね。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

「柏市 ALL BLACKS特設サイト」(外部リンク)

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート