野球でも柏から世界へ~日本野球連盟国際審判員~

最終更新日 2017年7月28日

ページID 042386

印刷

 小出さん①

柏市役所保健福祉部福祉政策課勤務の小出嘉則さんは、全国でも30人、千葉県には2人しかいない日本野球連盟の国際審判員として活躍しています。

小出さんは柏第四小学校に在籍していたときに地域の野球クラブに入り、そこから中学、高校、大学と学生時代、野球に励みました。柏市役所に入ってからも野球に勤しみ、平成11年の官公庁野球大会では優勝、そのとき投手として主力でチームをひっぱりました。

市の野球部がなかなか精力的に活動できなくなったときに、市役所や地域のスポーツを支える人々のためにも、地域のためになにか還元したいと考えるようになったそうです。そんなときに声がかかったこともあり、30代後半に審判を目指すようになりました。

インタビューの様子①

野球にはプロ野球のほかに、高校野球、大学野球、社会人野球、軟式野球などがあり、小出さんは高校野球(地区大会)、大学野球、社会人野球、軟式野球の審判員をしています。最近では、社会人野球の1番大きな大会、都市対抗野球があり、東京ドームで審判をしました。審判をする試合の日は、有給休暇をとって、自分の道具を持って球場に行くそうです。本当に野球が好きだからこそできることです。

国際審判時写真①

また近年、それぞれのカテゴリーで、バラバラではなく統一させてやっていこうという動きがあり、野球でもインスタラクター制度ができました。今までは特に資格はなかったのですが、この制度ができたことにより、自分のランクが示されるようになりました。

国際審判時写真②

国際審判時写真③

日本でも数少ない国際審判員の小出さんがとても刺激を受けた大会があります。それは、2013年に日本から唯一審判員として参加したワールドベースボールチャレンジです。日本からは都市対抗優勝チームのJX-ENEOSが出場し、カナダで開催されました。このカナダでの国際大会が小出さんに与えた影響はとても大きく、野球人生だけではなく、人生の貴重な経験をしたと言います。日本はまだ勝つための細かい戦術を緻密につかってお互いせめぎ合う野球をしていますが、海外では戦い方が全く違うそう。良いボールがくれば打つ、ただそれだけ。選手もファンも相手チームをリスペクトし、スタジアム全体が一体となってとにかくシンプルに野球を楽しんでいる。その光景に心打たれたそうです。日本もいつかそうなったらと、夢はふくらみます。

国際審判時写真④

仕事の調整をしながらの審判員としての活動ですが、とても楽しいし、充実していると小出さんは笑顔で話してくれました。たとえ選手でなくても、同じフィールドにたつプレーヤーのような気分でいられるそうです。

高校・大学野球などいろんなカテゴリーから世界まで、野球の審判員を通じて培ってきたことを、地域に還元していくことが最大の夢だと話してくれました。その時代時代で野球も変化している、そんなことも地域のお父さんに伝えていって次世代につなげていってほしいし、シンプルに楽しめるスポーツだということをもっと多くの子供に知ってもらってぜひ野球を楽しんでほしいと。

そのためには、大人が楽しむ姿を見せるのが1番!そう話す小出さんを見ていたら、こちらまで幸せな気分になりました。これからも、柏市役所勤務で国際審判員である小出さんに注目です!!

カシスポ

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート