JX-ENEOSサンフラワーズ、期待のルーキー!~藤岡麻菜美選手

最終更新日 2017年3月31日

ページID 040755

印刷

インタビュー

 

女子バスケWリーグ、2016-2017シーズンを全勝で制覇した、JX-ENEOSサンフラワーズ(以下JX-ENEOS)。優勝の瞬間、その初めての空気に興奮していたのが、JX-ENEOSの期待のルーキー藤岡麻菜美選手。筑波大学で活躍し入団した、現チームの中では唯一の大卒ルーキー。

 

試合

 

もともとは教員志望で、教職をとるために、バスケ以外の跳び箱やマットも練習し、教育実習も行っていた藤岡選手。大学1年のときにWリーグの富士通と接戦をしたことがきっかけで、女子バスケのWリーグに所属することを意識し始めたと言います。アンダーのカテゴリーでは常にナンバーワンの存在、大学日本一になったことで更なる自信がつき、もう少しできると確信したそうです。

チームとしては、大学時代は追う立場だったことが多かったのに対し、JX-ENEOSにきてからは常に追われる立場。それは見えない敵と戦っているようで、常に敵は自分と意識して戦ってきたルーキーイヤー。

個人でいえば、アンダーではつねにトップ選手だったのに、経験がものを言うプロの世界では大卒という時点での経験の遅れ、また同じチームには自分以上の選手がたくさんいる中で、最初は、今までとは違う立場での難しさを感じモヤモヤしていたそうです。そんな中、トムホーバスコーチに「簡単にバスケしてごらん」とアドバイスされ、それにより肩の力がぬけたと。

また、JX-ENEOSには絶対的な司令塔で世界のアシスト王である吉田亜沙美選手が同じポジションにいます。ルーキーイヤーは、吉田選手の全てを学び、自分にしかできない新しい発見ができるようにしてきた藤岡選手、誰よりも練習している吉田選手の姿に驚き刺激を受けていました。2年目からはただ学ぶだけではなく、早く追いつき、追い越せるよう努力したいと、休みの日も練習に励みます。

 

かっちかち

えねごり

(ファン感では物まねも披露!)

 

大好きなドライブも25歳まではできないので(チーム規定により)、いまは近場でチームメイトと息抜きをしているようで、柏の街、特に飲食店にもよく繰り出しているので、見かけたら声かけてくださいと言ってくれました。特に、バスケをしている高校生の皆さん、遠目から見てないで話しかけて!だそう。

 

カシスポ1

 

夢は、3年後の東京オリンピックで、今年度から日本代表ヘッドコーチに就任したトムコーチと一緒にアメリカを倒して金メダルをとること!!そう力強く語ってくれました。来シーズンは勝負の2年目を迎える藤岡選手に、これからも大注目です!!

 

かしすぽ2

 

次回4月14日は、かしわ国際オープンテニストーナメントについてお伝えします。

国際大会が柏で行われるぞ~~~!!!

 

せ~の「カシスポ応援したいっっ!!」

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート