柏には日本一の女子バスケ JX-ENEOSサンフラワーズがある!~ 渡嘉敷来夢選手

最終更新日 2017年3月24日

ページID 040639

印刷

渡嘉敷選手インタビュー

 

「リオオリンピックに行ったことによって特に何か変わったことはありません!ただ3年後の東京オリンピックでメダルを取りたいという想いが強くなりました」
そう言い切ったのは、いまや日本の女子バスケのトップ選手であろう、JX-ENEOSサンフラワーズ(以下JX-ENEOS)の渡嘉敷来夢選手。この言葉が衝撃でした。オリンピックに出た選手からは、影響をうけたとか、意識が変わったとか、そういった言葉を耳にすることが多いので、「何も変わっていない」という言葉が実はとても重く、心に響きました。それだけ自信とその裏付けがあるからこそ。そして望みが高いからこそ。現状に満足せずに走り続けているからこそ。かっこよすぎます!

 

優勝時の集合写真

 

JX-ENEOSは、2016-2017シーズンで、全勝優勝。無敗の完全優勝という、最高の成績をおさめました。Wリーグ、9年連続20度目の優勝の快挙。

 

柏のスポーツというと、柏レイソルが真っ先に思い浮かぶとは思いますが、柏にはこんなに強い女子バスケチームがあるとみなさんにもっともっと知ってもらいたいと思います。

 

ただの常勝チームではない、つねに上昇志向が強いチームでもあります。
とくに、今シーズン指揮をとっていたトムホーバスコーチは、あの渡嘉敷選手が「今までにないくらいおこられた」と語るほど、昨日より今日、今日より明日と、挑戦し続けることの重要さを訴え、常に上を目指すコーチで、だからこそ、今まで成し得なかった全勝優勝を果たせたのでしょう。

 

試合中の渡嘉敷選手

 

7年目のシーズン、自身の今までで1番、コンディション的にきつくタフなシーズンだった、と語る渡嘉敷選手ですが、それでも年間を通じてのパフォーマンスは素晴らしく、まわりの選手からの「打倒、渡嘉敷!」の意識もさらに強まっているようでした。それさえも、「それだけ注目されていることの喜びを感じ、もっともっと差を広げて挑戦し続ける!」と断言するところに、渡嘉敷選手の強さを感じました。

 

渡嘉敷選手は日本のリーグが終わると、アメリカのリーグに戻ります。
アメリカではまだまだ上がいる!と、アメリカで挑戦することによって、さらなる経験や勉強をしたいと意気込みます。オンもオフもバスケのことを考え、「大好きなバスケをずっとできる自分は幸せ者」と笑顔になる渡嘉敷選手。強さの秘訣は、練習量、技量、精神力に加え、何よりもバスケを愛しているということなのだと感じました。

 

渡嘉敷選手

 

「柏には、日本で1番強い女子バスケチームがあるって自慢してください」
そう、市民の方へのメッセージをいただきました。
これからも、渡嘉敷選手、そして、JX-ENEOSに注目です。柏市民のみなさん、どんどん自慢しましょう!!

 

ファン感謝祭の風景

ファン感謝祭での渡嘉敷選手

 

先日、ファン感謝デーにもお邪魔させていただきましたが、そのアットホームな雰囲気に感動しました。日本一のチームが、オリンピック代表の選手が、こんなに近くでふれあえるなんて最高です。ファンクラブ会員になると、来年また参加できるチャンスがありますのでこちらも要チェックです!!
公式HP:http://www.jx-group.jp/sunflowers/

 

次回更新は3月31日(金)、JX-ENEOS期待のルーキー藤岡麻菜美選手です。

 

渡嘉敷選手と記念写真

 

柏の街には日本一強い、JX-ENEOSサンフラワーズがあるぞ~~~!!!

 

せ~の「カシスポ応援したいっっ!!」

情報発信元

柏人への道(カシスポ)


このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート