平成29年度2次隊 山崎隊員~ベナン共和国での活動1~

最終更新日 2018年11月29日

ページID 048524

印刷

自己紹介

  • 隊員名 山崎 尚子
  • 派遣国 ベナン共和国
  • 派遣期間 2017年10月から 2019年10月
  • 職種 コミュニティ開発

任地

西アフリカのベナン共和国に2017年10月より赴任しています。私の任地は、首都からバスでおよそ10時間離れたナガイレ村です。住民は、農業、出稼ぎ、小口商売などで生計を立てています。村では、アニ族という民族と、イスラム教徒が多数派です。しかし島国日本とは異なり、様々な民族や文化、宗教が混ざり合って、平和に共存しながら一つの村が成り立っています。
村に電気は通っていますが、停電は頻繁。各戸へのガス・水道の普及はありません。多くの村民が太陽とともに活動し、井戸水を汲み、庭先で薪や炭火を使って煮炊きする、昔ながらの生活を送っています。
生活は、日本と比べれば不便で厳しいのかもしれません。しかし、住民にとってはこれが日常です。すべてのものを無駄なく使い、自然を最大限に活用する知恵が豊富。私にとっては、学ぶことばかりの毎日です。
とはいえ、生きる上での困難さがないわけではありません。清潔な水や衛生的な食事をとることが難しかったり、怪我や病気のリスクがたくさんあったりします。何をするにも何を作るにも、時間と労力がかかります。たとえば、健康な生活を送るために欠かせない水。家族全員分の、飲み水と、手洗い・水浴び・調理や洗いもの・洗濯などの生活用水。どのくらいの量になるか想像できるでしょうか。水汲みは本当に重労働です。
そのためひとたび体調を崩してしまうと、農作業中心の仕事はもちろん、生活することすら大変です。だからこそ、村では、大家族で支え合って暮らしています。また、住民同士もお互いに助け合って暮らしています。
私の活動は、このように生活環境が「厳しい」村において、住民の生活改善を行うことです。音楽と踊りを愛し、人との距離が近く、優しくてたくましいナガイレ村の人たち。彼らに恩返しできるよう、残りの任期を焦らずさぼらず、地道に活動していきたいと思っています。

モスク

村の風景:左に見えるカラフルな建物はモスク。小さい村ながらモスクはたくさんある。

雨期

雨期:一転して緑にあふれる村の風景。子供たちが頭の上に乗せて友達と楽しそうにおしゃべりしながら売り歩いている様子。

活動紹介

私は初代隊員なので、すべての活動の基本として、「住民とともに生活し、働く」ことを一番大切にしています。結婚式や祭りに参加したり、畑に行って働いたり、住民の生活をまねてみたりしながら、村と住民の状況を把握しようとしてきました。住民との人間関係も徐々に構築でき、活動の基盤は整いつつあります。ここでは、活動の一つであるゴミ問題への取り組み状況についてご報告します。
少し前までは自然に分解されるゴミ以外のモノがなかったであろう村に、今ではビニール製品が大量に入ってきています。村には、ゴミ箱にゴミを捨てる習慣もなければ、日本のように整ったゴミ収集の仕組みもなく、またたとえ収集したところで、ゴミ処理施設もありません。私自身もゴミはすべて自分で燃やして処分しています。住民がどのようにしているかというと、基本はポイ捨てです。歩きながらポイ、車からポイ、家の中でもポイ。家の前は毎日掃いてきれいにする。でもそのゴミはまた家の裏に捨てる。その結果、家の裏手や通り沿いなどには、ビニールゴミが散乱しているのです。
ゴミがたまれば不衛生になり、病気や怪我の原因となります。水や大地が汚染されれば、住民の生活を脅かしかねません。このことを伝えられるのは、環境問題に苦しむ経験を持つ日本から来たボランティアの強みだと感じています。村におけるゴミ問題の優先順位は決して高くありませんが、住民の中には改善を望む声もありました。
そこで活動1年目。村長や村の有力者に呼びかけて、ゴミがなぜ良くないのかを学び、村が今後どうありたいのかを住民自身で考える会合を開きました。この会合で決まったことをいかに実践できるか、このような啓発活動を継続的に行えるか、そして私がここを去っても取り組みが継続されるか。2年目はそれらを見据えて、活動していくつもりです。

綿

村の主要産業である綿の出荷作業:機械はなく、何をやるにも労力がかかるが、働く人は陽気で、皆で協力し合い作業する。

農繁期

住民の大半は農民:農繁期には家族総出で畑に出る。遠い畑は1時間以上も歩いて向かうことも。

イスラム教

村民の大半はイスラム教徒:イスラム教最大の祭り・タバスキの時にお裾分けのご飯持参でお世話になっている人に挨拶回り。

地図情報

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-0941
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート