JX-ENEOSサンフラワーズ Wリーグ優勝!9連覇達成!!

最終更新日 2017年3月21日

ページID 040566

印刷

2016/2017シーズン 第18回Wリーグ完全優勝

バスケットボール女子、Wリーグレギュラーシーズンで今季無敗のJX-ENEOSサンフラワーズが、3月8日(水曜日)より開催されたWリーグプレーオフ・ファイナルで、9年連続20回目の優勝を果たしました。

また、全日本総合バスケットボール選手権大会(皇后杯)との2冠も4年連続で達成しました。

写真1

Wリーグプレーオフ・ファイナルは、トヨタ自動車アンテロープス(レギュラーシーズン2位)と対戦しました。

3戦先勝制のプレーオフ・ファイナル。第1戦を84対53、第2戦を74対63で勝利し、優勝に大手をかけた第3戦を3月12日(日曜日)、東京・代々木第2体育館で迎えました。

第1クウォーターは、立ち上がりから吉田選手、岡本選手、間宮選手と立て続けに得点。足を使った激しいディフェンスは第2クウォーターまで継続し、38対19とダブルスコアで前半を折り返しました。

第3クウォーターでは、渡嘉敷選手が負傷退場するアクシデントに見舞われるも、離脱の穴をチーム全員でフォローし、第4クウォーターもリードを保ち、結果は75対51の24点差で勝利し、プレーオフ・ファイナル3連勝。

1月に4連覇を達成した全日本総合バスケットボール選手権大会(皇后杯)も含め、レギュラーシーズンから無敗のまま、Wリーグ9連覇を成し遂げました。

写真8
写真9

プレーオフMVPには、2年連続で吉田亜沙美選手が選ばれました。

また、レギュラーシーズンのMVPには渡嘉敷選手(3年連続)が、ベスト5には吉田選手(2年連続)、宮澤選手、渡嘉敷選手(5年連続)が選ばれ、コーチ・オブ・ザ・イヤーにはトム・ホーバス監督が、ルーキー・オブ・ザ・イヤーには藤岡麻菜美選手が初選出されました。

公式戦全勝で終えた今シーズンですが、選手たちはすでに次に向けて、個々のスキルアップに取り組んでいます。

来シーズンも絶対王者JX-ENEOSサンフラワーズに注目し、熱く応援していきましょう。

試合の様子

写真4
写真3
写真5
写真2
写真6
写真7

JX-ENEOSサンフラワーズの試合スケジュール

詳しくはこちら(JX-ENEOSサンフラワーズのホームページ)から(外部リンクします)。 

ファン感謝デー開催

JX-ENEOSサンフラワーズのファン感謝デーが、3月19日(日曜日)に柏市中央体育館で開催されました。

ファン感謝デーでは選手によるジェスチャーゲームや選手との写真撮影などが行われ、アットホームな雰囲気の中、終始笑顔の絶えない会場となりました。

ファン感謝デーの様子

写真14
写真11
写真16
写真14
写真15
写真12

近日公開!渡嘉敷選手・藤岡選手を独占インタビュー

渡嘉敷選手インタビュー

ブログコーナー「アッキーのカシスポ応援し隊っっ!」では、柏のスポーツ情報を毎週第2・4金曜日にお届けしています。

3月24日(金曜日)は、Wリーグ9連覇の立役者・渡嘉敷選手と、今季ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた藤岡選手のインタビューの模様をお届け!

どうぞお楽しみに!!

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7168-1033
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート