かしわ市民大学 第4・5期生が卒業!!

最終更新日 2016年3月25日

ページID 034608

印刷

平成28年3月5日(土曜日)、かしわ市民大学第4・5期生の研究発表会が行われ、協働クラス13名と観光クラス7名が修了しました。

協働クラスは一昨年6月から2年間、観光クラスは昨年6月から1年間、講座及びフィールドワーク、学生同士のグループワークを通して、柏市の地域課題等について学んだ成果をまとめ、今後地域でどのような活動をするかの提案を行いました。

当日は、一般聴講者や報道機関、関係者を含め合計51名が来場。各クラスとも実践を意識した発表が行われ、修了後の活躍を期待するものでした。

1 「人と人をつなぐまちづくり~協働コーディネーター講座~」クラス研究発表

本講座は、ますます複雑化していく社会課題の解決や地域活性化の取り組みをより一層進めるためにも、さまざまな主体(団体、企業、行政等)のつなぎ役となり、協働の推進役となれる協働コーディネーターの養成を目指し、コーディネートの役割や協働事例等の基礎知識に加え、グループワークを通して実践的なコーディネート力を学んできました。

当日は、3グループに分かれ、研究成果を発表しました。

(1)はじめての市民活動ハンドブック かしわの「わ」

市民活動の初歩から疑問が出た時や困った時の解決策のヒントとなるようなマニュアル本を作成

(2)「地縁×志援」・・・地域の問題解決フレームワーク

町会・自治会といった「地縁組織」の諸問題をNPO・市民公益活動団体といった「志援団体」の力をうまく補完して課題解決を図る、地域活動インターシップ及びプロボノ制度を提案

(3)~協働まちづくりの掛橋~かしわ市民大学のススメ

かしわ市民大学の紹介と今後の展望をまとめた冊子を作成

写真1
はじめての市民活動ハンドブック
かしわの「わ」
写真2
「地縁×志援」
地域の問題解決フレームワーク
写真3
~協働まちづくりの掛橋~
かしわ市民大学のススメ

2 「まちの魅力発見!地域観光プロデューサーになろう!」クラス研究発表

本講座は、柏市の名所旧跡を巡る物見遊山型の観光モデルにとらわれず、身近な日常に隠された面白さを発見するなどの柏らしさを探求していくことと、そこでしか味わえない特別感動体験の企画立案から実施までを行える人材育成を目的として、地域観光や地域ブランドづくりの事例を研究し、「柏ならではの地域観光商品」づくりを目指してきました。

当日は、2グループに分かれ、研究成果を発表しました。

(1)「イベント・交流のまち柏」でイベント企画・運営のノウハウを学ぶ!

柏まちなかの多彩なイベントを通じた人と人との出会いと交流を観光商品と考え、そこで、まちの奥深い観光資源を提供する新たな着地型観光の可能性を拡げました。また、受講中にモニターツアーを実施するなど、次年度の開催に向けた具体的な提案を発表。

(2)まい・ふっとぱす 手賀沼の奥座敷へようこそ

イギリス発祥の「フットパス=ありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小経」を参考に、今回は、手賀沼の丘陵地にある森林や田園地帯、寺社や旧跡を巡る新たな手賀沼観光の可能性を示しました。こちらも、受講中にモニターツアーを実施するなど、平成28年6月4日の実施に向けた具体的な提案を発表。
提案後には、実際の旅行会社であるビッグホリデー株式会社 小宮様に研究成果のご講評をいただきました。

写真4
「イベント・交流のまち柏」で
イベント企画・運営のノウハウを学ぶ!
写真4
まい・ふっとぱす
手賀沼の奥座敷へようこそ

3 修了証授与式

クラス代表者の植木さん(協働クラス)と仲谷さん(観光クラス)に、学長である秋山市長から修了証が手渡されました。

4 記念撮影(第4・5期生及びクラス関係者)

写真6
協働クラスのみなさん
写真7
観光クラスのみなさん

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-0941
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート