平成26年度第1回かしわ市民大学推進委員会会議録

最終更新日 2014年6月18日

ページID 019023

印刷

1 開催日時

平成26年5月21日(水曜日)午前10時~午前11時40分

2 開催場所

柏市役所本庁舎5階 第5・6委員会室

3 出席者

 (1) 推進委員

濱田委員長、大島副委員長、春日井委員、西藤委員、森委員、吉村委員、吉本委員 (計7名)

 (2) 事務局

  • クラスコーディネーター
    森脇コーディネーター、松清コーディネーター
  • 庁内連携課
    農政課 藤田・中村・恩田
  • 地域づくり推進部 石橋部長
  • 協働推進課 谷口課長、須藤、佐伯、鈴木、山下、福井(計12名)

4 内容

 (1) 事務局より趣旨説明

かしわ市民大学推進委員会の組織体制を説明。あわせて、かしわ市民大学設置要領を平成26年4月1日付けで改正したことを委員に説明し、了承。

 (2) 委嘱状交付式

石橋部長より委員に委嘱状を交付

 (3) 自己紹介

推進委員、コーディネーター、市職員より自己紹介

 (4) 委員長・副委員長の選任

濱田委員が委員長に、大島委員が副委員長に選任された

 (5) 平成25年度開講クラス評価報告について

事務局より説明

  • 概要
    3クラスともアドバイザーや担当課より、チーム毎によい成果が得られた、今後も地域で力を発揮してほしい等の講評があった。
  • 活動の継続状況
    3クラスあわせた修了生の43名のうち75パーセントの方が活動を継続。「Food Stationかしわ~農×食でつながる社会~」クラスは、携帯アプリの作成や料理クラブ設立等、発信者としての活動。「地活マイスター養成講座【実践編】」クラスは、市で実施している「市民ミーティング~地域組織と柏市との関係を考える~」に参加。また、コミュニティ形成のための団体のたちあげに向けて活動中。「かしわっ子の未来と地域をつなげる!~レインボーブリッジ大作戦~」においては中間支援組織立ち上げに向けて、調整中。

主な意見

  • 修了生の活動の自慢や失敗談等、現場の話を聞けるような機会を設けて欲しい。
  • 学生や修了生がどのような活動をしているのか市民がわかるようになると市民大学により関心が集まるのではないか。小さな成功例や失敗談などの“物語化”を意識しながら今後のクラス運営をしてほしい。 
  • それぞれのクラスの過半数が卒業後、新たな活動を行っている。机上や頭の中だけの考えではなく、現実に活動していく中で課題を解決し、よりよい活動へステップアップしてほしい。このような活動が立ち消えないようなサポートを考えていけるといいと思う。市民大学のクラスから次の活動へうまく繋がっていくと良い。
  • 修了式に参加できなかった人のためにも、クラスの報告書を委員会前にあらかじめ各委員に送付してほしい。そのほうがよりよい議論ができる。

 (6) 平成26年度開講予定クラスについて

平成26年度開講予定クラスのシラバスの説明

事務局より説明。開講予定クラスの名称は以下のとおり。

  • フードコミュニケーター養成講座~カシワ×農×食~ 
  • 人と人をつなぐまちづくり~協働コーディネーター講座~

主な意見・質問(→以降は事務局の発言)

意見
  • もっと人の目を引くようなパンフレットやチラシを作ったほうがよいのでは。初めて見た人が気軽に参加しやすいようなキャッチコピーを作るなどの仕掛けを考えてはどうか。また、別途作成したチラシを撒くなど、波状効果を狙うことも効果的だと思う。柏は人がたくさん集まる場所なので、今までの既存団体に入り市民活動を行うのではなく、若い視点で自由に発想した活動が生まれるなど、多様性のあるまちづくりができるとよい。もっと若い人に参加してほしい。
  • 公開講座が周知の目的であるならば、修了生の講座よりも「健康になりたい人とまちの資源をつなげる健康づくり講座」のような大きなテーマでやるほうがよいのではないか。また、クラス設定に委員の意見を取り入れて欲しい。
  • 市民が抱えている問題を取り上げ,市民の立場・行政の立場で考えることができるようなテーマ設定にしてはどうか。来年度の企画については、次の委員会で意見をもらえるよう検討してほしい。
  • 市民大学の周知については、社会福祉協議会も協力していく。
質疑応答
  • (質問)公開講座を継続的・反復的に行い、もっと市民を巻き込むほうがよいのではないか。
    (答)公開講座は講座を単発で行うことで、広く市民大学の周知を目的に今年度より始める。回数等については、今年度の結果を参考に検討していく。また、公開講座については、修了生が講師を担うため、今後も修了生が活躍する場を増やしていければと考えている。
  • (質問)公開講座の開催場所をもっと工夫してはどうか。例えば、「スマートフォンを使ってみよう」では、ドコモなどの携帯会社と連携して行ったり、「柏ランチを召し上がれ」では「かしわで」など、講座を目的としていない市民にも目に付きやすく飛び込みで参加できるような環境で行うとより周知効果が高まるのではないか。
    (答)公開講座の開催場所について、意見を参考にしながら修了生と相談し進めていく。
     

5 傍聴者

0名

6 その他

次回の推進委員会は、平成26年9月開催予定。

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏一丁目7番1-103号 Day Oneタワー3階
電話番号 04-7167-0941
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート