平成25年度第1回かしわ市民大学推進委員会会議録

最終更新日 2013年5月29日

ページID 015275

印刷

1 開催日時

平成25年5月17日(金曜日)午前10時~11時40分

2 開催場所

柏市役所本庁舎5階 第5・6委員会室

3 出席者

 (1) 推進委員

濱田委員長、大島委員、久保委員、西藤委員、鈴木委員、富樫委員、森委員、吉村委員、鴫浜委員 (計9名)

 (2) 事務局

  • クラスコーディネーター
    高野山コーディネーター、村田コーディネーター
  • 庁内連携課
    地域支援課 牧野、児童育成課 仁尾・矢作、農政課 中村
  • 地域づくり推進部 窪井部長
  • 協働推進課 高橋課長、谷口、須藤、恒岡、土屋、鈴木(計13名)

4 内容

 (1) 事務局より趣旨説明

かしわ市民大学推進委員会の組織体制を説明。あわせて、「運営委員」という名称を「推進委員」に変更したことを委員に説明し、了承。

 (2) 委嘱状交付式

窪井部長より委員に委嘱状を交付

 (3) 自己紹介

推進委員、コーディネーター、市職員より自己紹介

 (4) 委員長・副委員長の選任

濱田委員が委員長に、藤田委員が副委員長に選任された

 (5) 平成24年度開講クラス評価報告について

事務局より説明

  • 目標の達成度
    3クラスとも「目標どおりの成果」と評価はしたが、途中の過程においてはコーディネーター及び事務局等で目標や着地点の修正を図った。
  • 活動の継続
    3クラスとも受講生の6~7割が活動を継続。「柏市プロデュース大作戦」においてはシティプロモーションラボという団体設立に向けて、有志の学生が活動している。
  • 集客率
    「柏市プロデュース大作戦」は定員を超えた集客があった。他2クラスは定員を下回った。

主な意見

  • 3クラスの横の連携がなく、各クラスがバラバラに動いているように感じた。クラス運営の中でコーディネーターの役割は重要である。クラス運営において大変苦労されたと思われるので、コーディネーター同士の情報交換の場など横の連携も大切。
  • 去年は中々連携できなかった。企画段階から連携したい
  • クラスを運営・推進していく上で、学生の意向・希望もとり入れて一緒に講義を作っていくことを意識して欲しい。
  • 昨年度はアドバイザーとしてクラス運営に携わったが、最終の着地点を決めていく段階で苦労した。横の連携についても、クラス間での進め方にも違いがあり、連携まで至らなかった。
  • 大学というと「一般教養」「専門課程」がある。かしわ市民大学は「専門課程」のみの印象がある。受講生が修了後にどういったことができるか示してほしい。柏の将来像や課題を示してあげる(=一般教養)ことも大事。
  • 平成24年度研究発表会を聴講して、「柏市プロデュース大作戦」、「Face Bookをつくろう!」クラスの発表は市内既存の団体がもうすでに行っていることが多かったように感じた。大学でしかできないオリジナルとして、かしわ市民大学が「主体」となって発信していくと良いプロモーションになる。
  • かしわ市民大学で新しく立ちあがった団体と、既存の団体がお互い連携しあって良い刺激となるような環境が望ましい。
  • クラス間の連携よりクラス内に必要な関係者とのつながりが必要。シティープロモーションラボのような卒業生が作った団体や活動について今年度の学生に発信して欲しい。

 (6) 平成25年度開講予定クラスについて

平成25年度開講予定クラスのシラバスの説明

事務局より説明。開講予定クラスの名称は以下のとおり。

  • 地活マイスター養成講座【実践編】
  • かしわっ子の未来と地域をつなげる! ~レインボーブリッジ大作戦~
  • Food Stationかしわ ~農×食でつながる社会~

主な意見・質問(→以降は事務局の発言)

意見
  • 社会福祉協議会でも地域活動の担い手不足や高齢化は課題となっている。地活マイスターの最終目標が自らの地域で活動するという点はよいと思う。社会福祉協議会は講座終了後の落としどころ見据えて講座作りをしているのでかしわ市民大学もそのような視点をもって企画して欲しい。
  • 昨年度は市が落としどころを考えていると思っている学生がいた。事務局としては修了後の活動についても学生が主体的に考えていくように促していたがその部分で捉え方に違いがあった。市民の主体性を育てていく必要がある。
  • 現在の町会や団体等の悩みは次世代のリーダーが育たないことである。市民大学の卒業生がリーダーを担うような存在になってもらえれば、市民大学の理念にも合うのではないか。そのためには学生自ら環境づくりをする必要がある。
質疑応答
  • 昨年のシティープロモーションでは27名集まり、運営上の問題はなかったか。
    →運営上大変な部分もあった。15~20名程度が望ましい。
  • 推進委員として各クラスの傍聴(見学)をしたいが可能か。
    →検討する。具体的に委員の希望はあるか。
  • こどもクラス、農×食クラスなどに具体的に傍聴(見学)したい日がある。
  • ワークショップの様子を見学したい。
    →検討し、後日提示したい。

5 傍聴者

0名

6 その他

次回の運営委員会は、平成25年9月開催予定。

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏一丁目7番1-103号 Day Oneタワー3階
電話番号 04-7167-0941
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート