協働事業提案制度 これまでの提案・成案化状況(平成19年度)

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001057

印刷

7.安全教育支援事業(CAPワークショップの実施)

提案団体

CAPなのはな

市担当課

学校安全対策室、生涯学習課、指導課

事業概要

 子ども・親・地域に住む大人・教職員を対象にCAPワークショップを実施し、子どもの心と体への暴力防止を図ります。

 なお、このワークショップの実施に際して、市は安全教育事業メニューのひとつとして子どもワークを提供するに留め、各学校が主体的に選択できる仕組みとしました。

 また、PTAが家庭教育学習の一環として大人ワークを選択した場合、既存の支援制度により費用補助します。

選考委員会からの意見(抜粋)

 時代のニーズに合う事業であり、協働の波及効果が期待でき、当事業を契機とした一層強固な「子どもの安全を守る体制づくり」への取り組みが期待できると考えます。

 こうしたことで、ニーズ及び公益性が高い事業であり、提案者の事業に対する専門性が活かされ、事業の今後の発展性が認められる反面、各学校ごとで有効な安全対策は異なるため、安全教育事業メニューの1つと位置づけることで、各学校が主体的に選択できる仕組みとすることができます。

事業の実施及び役割分担

 平成20年度から安全教育事業のメニューの1つとして実施しています(事業協力、謝礼)

  • 提案団体=各CAPワークショップの実施、教職員ワーク実施への働きかけと費用負担
  • 市=市の安全教育事業メニューのひとつとして子どもワークを提供、PTAが家庭教育学習の一環として大人ワークを選択した場合に既存の支援制度による費用補助

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7168-1033
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート