かしわ市民大学 第2期生が卒業しました!

最終更新日 2013年3月12日

ページID 014635

印刷

平成25年3月10日(日曜日)、かしわ市民大学第2期生の研究発表会が行われました!
昨年7月の開講以来、学生たちは「地域コミュニティ」「シティプロモーション」「地域SNS」というテーマに分かれ、講義や議論を続けてきました。
その成果を聞くために集まった来場者は85名(学生・関係者含)。終始和やかな雰囲気で発表が行われ、最後にはクラスの壁を超えた団体の立ち上げをしたいという提案がありました。

1 「柏市のFacebookをつくろう!」クラス研究発表

いいね!
現役大学生も市民大学生

「柏市のFacebookをつくろう!」のクラスでは、地域SNSを活用した新しいまちづくりについて検討してきました。
その中でも、近年普及が著しいFacebookを取り上げ、その特長を活かした企画についてグループごとに発表。
希薄になりつつある地域コミュニティ再生のためにFacebookをツールとして使いたい、という提案や、市職員の個人アカウントによる発信の提案、柏市を全国、そして海外にまで発信するためのアイデア、さらに様々な柏の話題が集まる情報プラットフォームとその運営主体を設立したいという動きがあることを報告しました。

アドバイザー・濱田 逸郎 先生(江戸川大学教授)からの講評

SNSは新しいコミュニケーションツールであり、新しいコミュニティ(共同体)の創設を助けるもの。
柏のまちの課題を見つけ、それを解決するための目標を、行政主導ではなく市民の側から具体的に提案したことを評価したい。

柏市 秘書広報課からの講評

市の広報には「なるべく多くの、様々な世代の方々に、より正確な情報をお伝えする」という大切な役割があり、なかなか冒険はできない。しかし、より市民の皆さんに愛されるよう、これまでも様々な試みを行ってきた。今後、皆さんと連携できる部分では連携し、市民の皆さんに対し、より良い情報伝達を実現できたらと考えている。

2 「柏市プロデュース大作戦」クラス研究発表

プロデュース
寸劇を交えた発表

「柏市プロデュース大作戦」のクラスでは、柏のまちの魅力をいかに捉えるか、それぞれの視点から提案がありました。
柏の様々な取り組みを連携させてイベントにするアイデアや、「男性も子育てしやすいまち」への提案、また柏の「農」を最大の特徴として捉え、それを全国へ発信する案などが出揃いました。そして、それらの夢を自分たちの手づくりで実現したいと「Kashiwa Promotion Labo」の立ち上げが宣言され、他クラスの学生へ参加が呼びかけられました。

アドバイザー・濱田 逸郎 先生(江戸川大学教授)からの講評

今回のクラスでは、市外へのアピールよりも、まず市内へ視点を向け、何をアピールするのかという中身作りに取り組んでいる。
行政によるシティプロモーションは総花になりがち。プロモーションに大切な「選択と集中」は市民の役割だと思う。
Laboを立ち上げるということなので、市民主導という新しい官民のコラボレーションに期待したい。

柏市 企画調整課からの講評

柏市が抱える課題がとてもよく整理されていたと思う。人口減少を迎え、今後、都市間競争が激しくなる中で大切なのは、「いかに他と違うことをやるか」と思う。
市民主導で、行政が支援するシティプロモーションに期待し、発表の中にあったスケジュールに乗っていけたらと思う。
今後は役割分担を精査する必要があると思うが、ぜひ一緒に進めていきたい。

3 「地活マイスター養成講座【基礎編】」クラス研究発表

ワーク
 

「地活マイスター養成講座【基礎編】」のクラスでは、今年度学んだファシリテーション技術の実践をもって、成果報告としました。
他のクラスの学生に参加してもらい、6つのグループに分かれて「学んだことをどう活かすか」というテーマで議論。
ファシリテーターは地活クラスの学生が務めます。35分という短い時間でしたが、議論の内容をまとめて発表も行いました。
このグループワークを通じて、さらに今後の活動への意欲を高めた学生たちもいたようです。

柏市 地域支援課からの講評

グループワークの様子を見学させていただいたが、大変活発に議論を進めており、感心した。
地域コミュニティをいかに活性化するか、どこの自治体も頭を悩ませているところだと思う。今回学んだファシリテーションをぜひ実践し、地域で活躍して欲しいと思う。

柏市 協働推進課からの講評

話し合いの内容を綺麗にまとめた報告を聞き、素晴らしいと思う。1年間学んだことを、ぜひ今後活かしていただきたい。

4 修了証授与

修了証授与
各クラスの代表者3人に、学長である市長から修了証が手渡されました。

5 全体講評―濱田 逸郎 江戸川大学教授より―

気づきの多い発表だったと思う。3つのクラスに分かれていたけれども、アプローチが異なるだけで、同じ1つのテーマで結ばれていた。
「まちの魅力を見つける」クラスと、「伝える術」を研究したクラス、そして「まちを地域からつくっていくクラス」
彼らが最後にグループワークで交流したことによって、大きなエネルギーが巻き起こった。今後も第2期生のクラスを超えた交流に期待したい。

地活クラス プロデュースクラス FBクラス

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏一丁目7番1-103号 Day Oneタワー3階
電話番号 04-7167-0941
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート