かしわ市民大学 共通講座を実施しました!

最終更新日 2012年10月26日

ページID 013257

印刷

今年7月に開講したかしわ市民大学第2期クラス。
「地域コミュニティ」「シティプロモーション」「地域SNS」というテーマでクラスが分かれ、学生たちはそれぞれ講義や議論を続けています。

今回、クラス間の交流とカリキュラムの充実を目的として、共通講座を実施しました。
「シティプロモーション」と「地域SNS」のクラスで、特に興味深い講義が行われる回について、他のクラスも聴講できるというものです。

雑誌編集者と有名ブロガーのお話に、異なるテーマを学ぶ学生たちも大いに刺激を受けたようです。

シティプロモーション:雑誌「Hanako」で柏特集を組むとしたら?

この日の講師は、雑誌「Hanako」の副編集長・戸高良彦氏。
「Hanako」と言えば、F1層(21歳~35歳)の女性を中心に支持を受けているライフスタイルマガジンです。
ターゲットに確実に訴求する紙面づくりに取り組んできたプロの編集者から、どのようなヒントを得ることができるでしょうか。

まず学生たちが、「『Hanako』で柏特集を組むとしたら、どんな表紙がいい?」というテーマで作成した宿題を発表。それぞれの視点で柏の魅力を抽出しようとする努力が見られます。

続いて戸高氏が、これまでの経歴とあわせ、どのように雑誌作りに取り組んできたかを講義。
「外の人が訪れたいと思う紙面づくりは?」という質問があり、戸高さんによれば「住んでいる人が誇りを持っていることが伝わる紙面」とのこと。
また、「戸高さんが『Hanako』で柏特集をやるとしたら、どのようにつくる?」という質問に対しては、「ひたすら歩いて訴求するネタを探す」と話していらっしゃいました。

最後に、学生たちが作った表紙を講評し、特に良かった作者には「Hanako」を贈呈。
「売れる雑誌をつくるには、まず手に取りたくなる表紙が大切。そこに注意しながら今後も学んでいってください」との言葉で講義は締めくくられました。
宿題発表 講師の戸高氏 大賞

地域SNS:柏市のFacebookページが「いいね!」されるには

地域SNSのクラスでは「柏市のFacebookページをつくる」という作業を通じて、地域におけるSNSの役割を考えています。

この日の講師はイケダハヤト氏。著名なブロガーであり、ITコンサルタント、ITジャーナリストとして活躍なさっています。
様々な最新事例をご紹介いただき、支持されるページの特徴をお話いただきました。

その後、学生たちはグループに分かれ、宿題について検討。この日の宿題は、「好きなFacebookページを見つける」。
それぞれのお気に入りを発表し、その理由について議論しました。

グループワークの後、議論の内容を発表。
これらを受けてイケダ氏からは、今後、柏市のFacebookページを作る際に注意すると良い点について助言をいただきました。  

イケダハヤト氏 ワーク 発表            

情報発信元

地域づくり推進部協働推進課

所在地 柏市柏一丁目7番1-103号 Day Oneタワー3階
電話番号 04-7167-0941
ファクス 04-7165-7323
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート