消防局ってどんなところ?

最終更新日 2017年5月1日

ページID 035001

印刷

メールフォームからお送りいただけます。

平成29年度 消防局プロフィール(部局運営方針)

消防局長からのメッセージ

村井局長
村井浩消防局長

市民の消防需要に的確に対応するよう、限られた財源の中で効率かつ効果的に各種施策を行なうことにより、 消防力の整備・充実を図り、「市民の安全性を高める消防行政」を展開していきます。
また、大規模自然災害のほか、あらゆる災害に的確に対応する消防活動体制強化のため、消防庁舎・消防資機材の整備など、本市消防の機動力が最大限に活かせる安全基盤の整備を推進します。
さらに、市民ニーズに迅速・的確に対応できる高度で質の高い火災予防体制の構築に向けて、職員一人ひとりが危機意識をもち、安全・安心を市民が実感できる消防サービスを提供していきます。

消防局が取り組むこと

  • 水火災、地震等の災害活動に関すること。
  • 火災の警戒に関すること。
  • 救急業務に関すること。
  • 火災の予防・調査に関すること。
  • 消防水利に関すること。
  • 通信指令業務に関すること。
  • 消防組織・施設・設備の整備に関すること。
  • 消防団の充実強化に関すること。

消防局の資源

組織構成
職・課名 常勤

再任用
(短時間)

臨時 その他 合計
部長・次長級職 3 3
企画総務課

6

6
消防職員課 11 1 12
消防団課 4 2 6
火災予防課 14 1 15
警防課 27 3 30
救急課 6 4 10
指揮調査課 24 5 29
西部消防署 101 7 108
東部消防署 117 1 118
旭町消防署 64 7 71
沼南消防署 84 7 91
  • 部職員合計499名、うち正規職員461名(全正規職員(2,645名)に占める割合17.4パーセント

平成29年度当初予算

  • 一般会計 840,566,000円(一般会計全体(122,730,000,000円)に対する予算割合0.7パーセント)
  • 特別会計 0円

消防局の主な課題と対応・取り組み方針

課題1 複雑化・多様化・高度化する災害への対応

課題内容

災害が複雑化・多様化・高度化している現状に対し、的確に対応するための体制を強化する必要があります。

対応・取り組み方針

各種災害に的確に対応するため、施設や設備の整備を進め、各業務(警防・予防・救急・救助等)の専門的かつ高度化への対応を進めます。

課題2 総合性の発揮と柔軟な組織体制

課題内容

職務能力の維持・向上及び横断的課題に対する柔軟な組織づくりを進める必要があります。

対応・取り組み方針

各種研修や人材育成を進め、複数の分野にまたがる総合的な職務能力を高めることで、消防力の水準を確保しつつ柔軟な組織体制づくりを進めます。

課題3 地域の防災力を高めるための連携

課題内容

災害への対応には、「協働」と「連携」を最大限に活かした取り組みが重要となります。

対応・取り組み方針

消防団、市長部局など関係機関との連携を強化するとともに、企業や各種関係機関との「協働・連携」強化を進めます。

課題4 大規模災害時における広域的な対応

課題内容 

大規模災害・特殊災害に対しては、広域的な応援・受援体制の確保が必要となります。

対応・取り組み方針

国・県・他の消防機関との広域的な応援・受援体制の確保に努め、円滑に活動ができる体制整備を進めていきます。

平成29年度の主な事業

消防庁舎の維持管理

防災拠点である消防庁舎の点検整備等を適正に実施し、常時有効に運用できるよう災害時等の緊急対応に備えます。

  • 目標
    防災拠点の維持管理による安全・安心の確保
  • 予算
    60,347,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    企画総務課

人材育成の強化

各種専門的知識の取得を目的とした研修等により、人材育成を進めます。

  • 目標
    総合的な職務能力の向上、各種有資格者の増員による消防力の向上、消防活動技術の強化
  • 予算
    19,610,000円
  • 関連する課題
    2.総合性の発揮と柔軟な組織体制
  • 担当課
    消防職員課 、指揮調査課

消防団運営

消防団員の育成及び消防団の円滑な運営により、柏市における消防防災機能の強化を図ります。

  • 目標
    市民の生命・身体・財産を各種災害から守る
  • 予算
    135,614,000円
  • 関連する課題
    3.地域の防災力を高めるための連携
  • 担当課
    消防団課

消防団器具置場の整備

地域防災の拠点となる消防団の器具置場について、更新整備を進めていきます。

  • 目標
    地域防災力の充実強化
  • 予算
    14,982,000円
  • 関連する課題
    3.地域の防災力を高めるための連携
  • 担当課
    企画総務課

火災予防体制の推進

火災の原因調査や防火指導に関係する資機材の整備を進めます。

  • 目標
    火災原因調査及び防火への普及啓発による火災発生件数の減少
  • 予算
    928,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    火災予防課

立入検査等による安全確保

消防法令等に関する不備がある建物への立入検査等により、法令遵守や火災等の発生危険の是正指導を行い、利用者等の安全確保を図ります。

  • 目標
    違反対象物の是正率の向上、危険物施設及び防火対象物の査察実施率の向上
  • 予算
    222,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    火災予防課

消防車両及び資機材等の更新整備

各種災害に的確に対応するため、配備している車両の計画的な更新整備を進めていきます。

  • 目標
    災害体制の充実強化
  • 予算
    95,588,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    警防課

消防水利の整備

災害時に迅速な消防活動を行えるよう、消防水利(耐震性貯水槽)の整備を進めます。

  • 目標
    消防水利整備率の向上
  • 予算
    64,104,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    警防課

広域応援体制の確立

大規模災害発生時において、他の関係機関(国、県、他消防機関)と相互の応援体制を確立するための計画及び訓練を進めていきます。

  • 目標
    応援、受援体制の確立、連携強化を目的とした訓練の実施
  • 予算
    550,000円
  • 関連する課題
    4.大規模災害時における広域的な対応
  • 担当課
    警防課

消防通信指令業務の充実

柏市・我孫子市共同指令センターの運用により、災害の受報と同時に応援体制や警防体制を確立し、両市の消防力の効率的な運用を図ります。

  • 目標
    共同運用を活かした市民サービスの向上、119番通報から災害出動指令までの迅速化、相互応援体制の強化
  • 予算
    104,733,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    警防課

救急資器材整備

救急車に積載している医療機器の更新に伴い、資器材の適切な配備、維持管理を行います。

  • 目標
    計画的に医療機器の更新を行うことにより、市民の安全安心を確保
  • 予算
    6,211,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    救急課

救急救命士の養成

救急体制の充実を図るため、高度な救命処置を行える救急救命士を計画的に養成し、救命率の向上を図ります。

  • 目標
    救急救命士養成
  • 予算
    5,742,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    救急課

応急手当普及啓発

応急手当の重要性、適切な心肺蘇生法等の技術を身に付けた市民を養成することで、救命率の向上を図ります。
(突然の心肺停止等では、6分を経過すると蘇生率は統計上ほぼ0パーセントとなり、その場に居合わせた人による応急手当が不可欠です。 )

  • 目標
    市民人口の40パーセント(約160,000人)の受講者を養成
  • 予算
    1,327,000円
  • 関連する課題
    3.地域の防災力を高めるための連携
  • 担当課
    救急課

メディカルコントロール体制の整備

救急救命士の行う救命処置範囲の拡大への教育・研修を行うとともに、救急救命士等救急隊員の適正な業務の推進及び救急業務全体の資質の向上を図ります。

  • 目標
    救急救命士病院研修 57名、救急救命士就業前研修 4名、気管挿管病院研修 8名
  • 予算
    6,766,000円
  • 関連する課題
    1.複雑化・多様化・高度化する災害への対応
  • 担当課
    救急課