柏市の民話が1月31日(日曜日)テレビ東京系列で放送されます!

最終更新日 2016年1月25日

ページID 030209

印刷

日本の昔話ロゴ

柏市の民話『手賀沼にもぐった牛』が1月31日(日曜日)テレビ東京系列で放送されます。

放送日時・内容

  • 番組名 ふるさと再生 日本の昔ばなし
  • 作品名 『手賀沼にもぐった牛』
  • 放送予定
    平成28年1月31日午前9時00分から(テレビ東京系列)
    平成28年2月6日午前7時30分から(BSジャパン)

(注意)放送日は予告なく変更となることもあります。

『手賀沼にもぐった牛』

「手賀沼にもぐった牛」イメージ画像

柏市松ヶ崎地区に言い伝えられてきた「むかしばなし」です。このおはなしの主人公は今も松ヶ崎にある覚王寺というお寺に飼われていた牛です。
覚王寺で飼われていた牛が手賀沼にもぐる? この牛にいったいどんな運命が待ち受けているのでしょうか?
是非、ご覧ください。

『柏のむかしばなし』

このおはなしの原作は、昭和60年に柏市教育委員会から発行された『柏のむかしばなし』という本です。この本は昭和58・59年に小中学校の先生方の協力を得て、市内の古老から聞き取り調査を行い、執筆されたものです。
興味のある方は、図書館等で閲覧可能ですのでご一読ください。

【画像】©テレビ東京・博報堂・トマソン

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート