第10回 人間国宝芹沢銈介展 「手仕事の風景」染・織・陶・紙2

最終更新日 2017年4月21日

ページID 008937

印刷

小川紙漉六曲屏風

小川紙漉六曲屏風

埼玉県小川町の紙漉きの工程を描いた作品。自然の風物と仕事が関わりあう情景を表わしている。芹沢は製紙研究所の嘱託として小川町に滞在し、紙漉きの風景に魅了された作品を多く製作している。

概要

職人に焦点を当てた「人と仕事」展に続き、各地の窯場や紙漉場など手仕事にまつわる情景・風物を描いた作品を展示します。

第10回 人間国宝芹沢銈介展「人と仕事」~染・織・陶・紙2~

 平成23年9月17日(土曜日)から平成24年1月15日まで(日曜日))

作品名

制作年

作品名

制作年

小川紙漉六曲屏風

1960年

小川紙漉村

1943年

伊作紙漉

1948年

苗代川

1955年

ましこひかへり

1943年

益子日帰り

1943年

琉球壺屋の窯

不詳

壺屋風物文帯地

1954年

沖縄風物 壺屋

1948年

沖縄風物 形附屋

1948年

沖縄風物

1954年

よいあがり

1981年

赤絵待ち

1959年

型染小皿もよう雛形

1971年

新庄東山窯

1964年

紙漉き村・板を干す家

1983年

首里の紙漉き

1964年

沖縄壺屋のろくろ

1983年

浜田窯細工場

1964年

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート