第9回 人間国宝芹沢銈介展 「人と仕事」染・織・陶・紙

最終更新日 2017年4月21日

ページID 007745

印刷

染織陶紙四曲屏風

染織陶紙四曲屏風

染色、機織、窯場、紙漉村の情景を表した作品。それぞれの手仕事が自然の中で営まれている様と道具類を清々しい絵模様に表現し、色鮮やかに染めている。

概要

染織陶紙の手仕事に打ち込む人の姿に焦点を当て、工人たちを生き生きと描いた作品を展示します。

第9回 人間国宝芹沢銈介展「人と仕事」~染・織・陶・紙~ (平成23年5月21日(土曜日)から平成23年9月11日まで(日曜日))

作品名

制作年

作品名

制作年

染織陶紙四曲屏風

1968年

和紙讃

1949年

機文のれん

1955年

壺屋のろくろ師と琉装の女

1939年

窯出し文のれん

1970年

琉球の型附より5点

1943年

紙漉く人

不詳

楮の塵とり

不詳

ろくろ師

不詳

ろくろ

不詳

よいあがり

1981年

めでたしめでたし

不詳

筒引く女

不詳

染工

不詳

諸職道具文つくし

1938年

道具(紙漉場)

1964年

わが家の物

不詳

よいあがりめでたしめでたし

1983年

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート