紙本墨画淡彩弄玉仙図 岩佐勝以筆

最終更新日 2015年1月16日

ページID 001471

印刷

概略

紙本墨画淡彩弄玉仙図
  • 場所
    千葉市立美術館(寄託先)
    千葉市中央区中央三丁目10番8号
  • 所有者
    財団法人摘水軒記念文化振興財団
    柏市柏四丁目5番3号
  • 指定種別
    重要文化財(絵画)

紙本墨画淡彩弄玉仙図 岩佐勝以筆(しほんぼくが たんさい ろうぎょくせんず いわさかつもちひつ)の概要

本図は童女を侍らせた弄玉仙が桐の樹の下で簫(しょう)という楽器を奏(かな)で、上空に鳳凰が舞う様を描く。弄玉仙とは、中国春秋時代の秦の女性。簫史(しょうし)という仙人から、鳳凰の声のような簫 の吹き方を学び、彼女が簫を吹くと鳳凰が飛来したと言う。
 岩佐又兵衛勝以(1578~1650)は近世初期に活躍した風俗画家で、本図はその代表作であり、後半生の基準作でもある旧金谷屏風(かなやびょうぶ)のうちの一図である。彩色の使用を極度に抑え、淡墨に寄る密度の高い描画を見せる。淡墨を主体とした柔らかい筆致に特質があり、肥痩のある線を美しく用いた漢画系人物画の優品である。
 

(平成21年3月19日付け文化庁報道発表資料)

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート