カタクリ群生地

最終更新日 2015年7月2日

ページID 001426

印刷

概略

カタクリ群生地の写真
  • 場所
    柏市逆井716,719 案内図
  • 指定種別
    柏市指定文化財(天然記念物)
  • 樹種
    ユリ科カタクリ属 多年草
  • 概要
    春になると紫紅色の小さなユリのような美しい花が咲く。

 カタクリ群生地の概要

カタクリの花
カタクリの仲間はユーラシア大陸に4種、北アメリカに20種が分布し、日本ではこのうち1種が分布しています。 主に本州中部以北から北海道西南にかけて分布しており、千葉県では北総台地の限られた場所に生育しています。
カタクリは、早春に花を咲かせますが、地上に姿を見せて2ヶ月で姿を消し、残りの10ヶ月は地中で休眠しています。
カタクリの群生
片栗粉は、昔カタクリの地下茎からデンプンをとったことから、このように呼ばれています。カタクリは、 古くから親しまれており、 「万葉集」では『堅香子』(かたかご)の名で詠まれています。

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート