十二座神楽

最終更新日 2017年10月11日

ページID 001410

印刷

概略

十二座神楽の写真
  • 場所
    柏市塚崎1460(神明社) 案内図
  • 指定種別
    柏市指定文化財(無形文化財)
  • 概要
    例年10月17日、神明社の大祭に神楽殿で奉納される神楽です。

十二座神楽の概要

猿田彦の舞
猿田彦の舞

古代神話をもとにした神楽舞で、巫女、猿田彦、湯笹、狐、恵比寿、餅投げ、鍾馗、玉取り、天宇妥売命、大幣、大蛇退治、天岩戸の 十二の舞曲からなる荘重な舞楽です。塚崎地区の長男によって継承され、古い伝統があると伝えられています。

餅投げの舞
餅投げの舞

神明社は、天照大神他二神をまつり、古くから近郷近在の人々の信仰を集めた名社です。近年では、人手不足もあり、十二曲すべてが演じられることは難しくなっています。

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート