手賀ばやし

最終更新日 2015年7月2日

ページID 001404

印刷

概略

手賀ばやしの写真
  • 場所
    柏市手賀712(興福院) 案内図
  • 指定種別
    柏市指定文化財(無形文化財)
  • 概要
    例年手賀地区で7月第一日曜日に行われる「アンバ様」の祭礼で奉納されるおはやし。

手賀ばやしの概要

手賀地区の夏祭り「アンバサマ」で奉納されるおはやし。7月の第一日曜日、興福院から兵主八幡神社まで神輿や山車が引かれ、 その帰りに地区内3ヶ所で演じられます。
構成は1)おはやし、2)ニンバ、3)ショウゼン、4)カマクラ、5)シチョウメンの5ばやしです。 1)おはやしではシシとキツネが踊られます。2)ニンバのまえに「三番叟」と「式三番」が入り、「三番叟」では翁が剣と鈴で、黒式尉が剣と扇でそれぞれ悪を追い払います。

(沼南町教育委員会 『沼南の歴史をあるく』 1990年)

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート