船戸のおびしゃ

最終更新日 2017年3月26日

ページID 001400

印刷

概略

船戸のおびしゃの写真
  • 場所
    柏市船戸1129-1(船戸会館) 案内図
  • 指定種別
    柏市指定文化財(無形文化財)
  • 概要
    「おびしゃ」は関東地方、特に千葉県に多く、もとは弓を射て的に当てることで、その年の豊穣を祈る行事です。
    船戸のおびしゃは、現在は的射は行われていませんが古い形態を持つ踊りとして貴重な存在です。

踊りの構成と内容

三番叟
三番叟

船戸のおびしゃは、元和年中(1620年頃)から始まったとされ、天保7年(1836年)から毎年1月20日に行われるようになったそうです。現在は、1月20日直前の日曜日に行われています。

かつては「天満宮」で神事を行い、その後4区域の旧家4軒で踊りと酒宴が行われていましたが、大正7年(1918)からは、「医王寺」で神事・踊り・酒宴が行われるようになり、平成6年からは 「船戸会館」で行われるようになり現在に至ります。

おかめ踊り
おかめ踊り

おびしゃの神事でお祓いと祝詞奏上が終了すると、余興として最初に行われるのが「三助踊り」です。次に「三番叟」が舞われ、最後に「おかめ踊り」が登場します。

おびしゃは、新年に当番を交代し、氏子当番の人たちが準備に当たっていますが、これらの演目が終了すると、参加者全員による謡の奉納があり、続いて当番渡しという当番の引き渡しを行い全てが終了します。

(柏市教育委員会『柏の民俗』1991年) 

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート