金毘羅宮と大沼枕山碑

最終更新日 2015年7月2日

ページID 001389

印刷

概略

大沼枕山碑の写真
  • 場所
    柏市藤ヶ谷1209-2 案内図
  • 指定種別
    柏市指定文化財(史跡)
  • 概要
    藤ヶ谷上の矢の橋台にある金毘羅宮の祠堂と大沼枕山の撰碑。

金毘羅宮と大沼枕山碑の概要

この金毘羅宮は、幕末の嘉永五年に造立されたものです。江戸時代から明治時代の初めにかけて、主に銚子沖で捕れた魚を江戸の河岸まで運ぶ道があり、 鮮魚街道と呼ばれていました。藤ヶ谷地区台町はその中間点にあたり格好の休憩所として賑わい、この金毘羅宮や藤ヶ谷常夜燈が造られました。 荷駄人足たちは、ここで食事をとり魚に水をかけて鮮度を回復し、また江戸へと急いだのです。
金毘羅神社(本宮は香川県琴平町鎮座)はもともと水運の守護神で、鮮魚街道に暮す人々によって信仰されました。 大沼枕山の撰碑は、明治五年に建てられたもので表に金毘羅宮の由来、裏に造立に関わった人々の名前が刻まれています。 枕山は漢詩・書の達人として、江戸で活躍した尾張出身の儒学者です。

(沼南町史編さん委員会 『沼南風土記』 1981年)

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート