篠籠田の獅子舞

最終更新日 2017年3月26日

ページID 001371

印刷

概略

三匹獅子舞
  • 場所
    柏市篠籠田1214(西光院) 案内図
  • 指定種別
    千葉県指定文化財(無形文化財)
  • 概要
    一般には「篠籠田の三匹獅子舞」と呼ばれ、毎年8月16日に西光院境内で行われます。獅子舞の始まりは、徳川5代将軍綱吉の頃の元禄時代といわれています。 篠籠田の獅子舞は、龍神をかたどる「龍頭の獅子」です。祖先の霊をなぐさめ、五穀豊穣と家内安全を祈願します。

獅子舞の概要と保存会

大獅子
大獅子

篠籠田の獅子舞は、「大獅子」「中獅子」「女獅子」、猿面6名、金棒つき、花笠4名、笛吹7~15名からなり、町会長を中心に師匠、相談役数名の総勢25~35名の行事です。 入場→「猿舞」→「女獅子」→「中獅子」→「大獅子」→「精進返し」と進み、最後に和歌を詠じて退場となります。

猿舞
猿舞

獅子舞は、西光院の施餓鬼の日に毎年行われてきましたが、年々舞手が不足するようになりました。

そこで、昭和49年篠籠田の三匹獅子舞保存会が結成され、これ以降獅子舞は保存会の手により実施されてきました。その後若い人達の加入者も増え始め、現在に至っています。

(柏市教育委員会『篠籠田の三匹獅子舞』1979年)

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート