木造阿弥陀如来坐像

最終更新日 2015年7月2日

ページID 001354

印刷

概要

木造阿弥陀如来坐像
  • 場所
    柏市増尾4-14-1(萬福寺) 案内図
  • 指定種別
    千葉県指定文化財(有形文化財)
  • 概要
    木造・一木割矧造 素地 彫目
  • 法量
    像高88.1センチメートル

(注意)通常は非公開です。

仏像の概要と像立年代

木造阿弥陀如来坐像正面から 髪際高76.5センチメートル(像高88.1センチメートル)の坐像で、左肩を覆い右肩に浅くかかる大衣を着け、来迎印を結び、右脚を上にして結跏趺坐しています。
本体は、材種不明の針葉樹材を使用しており、頭・体幹部を通して一材で彫り出されています。仏像の表面は素地のままです。裳先を亡失しており、肉髻珠・左耳垂・鼻下面・後頭部などの小材などが後に補修されています。
木造阿弥陀如来坐像右斜め前から 像内の左脇辺の小補材には次の陰刻名があります。
「南相馬増尾万福寺住澄照/ 南無阿弥陀仏」
その作風から判断して、平安時代(12世紀)に制作されたとみられ、 そのやや質実な作風やヒノキ以外の材を使用する用材からみて地方での制作になるものと言われています。

(柏市教育委員会 『柏の仏像』ー柏市内仏像等調査報告書ー 1989年)

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート