第4回企画展 「ゴルフと競馬でまちおこし」 関東の宝塚を目指して

最終更新日 2011年3月4日

ページID 001295

印刷


鹿狩絵図
「競馬場観覧席」
 

概要

 昭和初期、現在の豊四季台団地にゴルフ場を併設した競馬場がありました。その規模は当時関東一で、コース1,600m、千坪の階段形式の観覧席を備えた本格的公営競馬場でした。
これを計画したのが花野井の吉田甚左衛門で、ゴルフ場のアイディアを出したのは朝日新聞の名物記者であった杉村楚人冠です。甚左衛門はこの施設をベースに一大レジャーランドを建設し、柏を宝塚のように活性化しようと考えたのです。
第1回柏競馬は3日間で9万人の大観衆が詰めかけ大いに賑わいましたが、戦争により閉鎖され、団地として生まれ変わることとなりました。     

主な展示物
展示物 資料名

競馬場(資料)

地方競馬規則・競馬場賃貸契約証・競馬場実測図・工事費調書・柏競馬場前停車場平面図・開催通知ほか

競馬場(写真)

柏競馬場全景・馬場地ならし工事・厩舎建設現場・競馬場造成工事・競馬場オープン・観覧席・競馬風景ほか

ゴルフ場(資料)

昭和7年度収支計算書・コースレイアウト(絵はがき)・ゴルフ場改革につき書簡(楚人冠)ほか

ゴルフ場(写真)

柏ゴルフ場・赤星六郎ほか

情報発信元

生涯学習部文化課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7414
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート