高島野十郎作者紹介

最終更新日 2014年8月12日

ページID 001283

印刷

高島野十郎(1890年~1975年)

高島野十郎近影

 福岡県久留米市生まれ。
高島野十郎は東京帝国大学農学部水産学科を首席で卒業しますが、周囲の期待にもかかわらず、水産の道に進まず画家としての人生を選びました。
初期には主に静物画を、渡欧中は風景画を手がけましたが、師を持たず、ひたすら自己に忠実に内面を掘り下げ続けました。野十郎の作品が写実の形をとりながらも、迫真の形象をとおして、人々の心の琴線をゆすって止まないのは、その清純な生きざまと澄明な眼差しによるものでしょう。
野十郎は、昭和35年(1960)都会の喧騒から逃れて柏市増尾の地に移り住みました。そして柏の田園風景をこよなく愛し、昭和50年(1975)に野田市の施設でひっそりと孤独の生涯を閉じるまで、小さなアトリエで作画に打ちこみました。名作「月」の連作はここで生まれました。
柏市教育委員会では平成12年(2000年)「孤高の画家 高島野十郎」展を開催しました。他に福岡県立美術館で作品を鑑賞することができます。

情報発信元

生涯学習部文化課 文化担当

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7403
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート