トルエーラ柏が日本フットサルリーグディビジョン2へ新規加盟決定!!

最終更新日 2019年3月29日

ページID 044806

印刷

チームロゴ選手集合写真  

柏市のホームタウンチームであるトルエーラ柏(運営法人:一般社団法人 柏Fラボラトリー)が、日本フットサル連盟の主催する日本フットサルリーグ(Fリーグ)ディビジョン2に加盟することが決定しました。

2018シーズンから新設されるFリーグディビジョン2は、Fリーグの再起と再生に向けた取り組みのひとつとして、トルエーラ柏を含めた全国の7クラブが新たに加盟し、リーグをさらに盛り上げていきます。

(補足)詳細はこちらをご覧下さい。

クラブ概要

チーム名

トルエーラ柏

由来

旧チーム名TOR+スペイン語で雷(torueno)+鷲(aguila)を掛け合わせた造語。
前身チーム柏イーグルス、柏TOR’82の歴史や伝統を忘れないようとの願いが込められている。また、雷のような攻撃を! 痺れる試合を!という意味も込められている。

クラブの変革

  • 2007年
    Fリーグ開幕をきっかけに、柏TOR’82(運営法人株式会社TOR)立ち上げ
  • 2016年
    地域チャンピオンズリーグ準優勝。これを機に新たなチャレンジの決断
  • 2017年
    チーム名をトルエーラ柏(運営法人:柏Fラボラトリー)とし、柏TOR’82より監督を務めた奈須氏をクラブ及び法人代表として新たな一歩を踏み出しました。

クラブビジョン

  1. 柏市に根差した組織作り柏市との絆をより深め、フットサルを通して多くの方々と関わり、フットサルを知ってもらうことを念頭に、地域に根ざした組織を作ることを目指しています。
  2. 地域の子供のサッカースキル向上 柏レイソルもホームタウンとする柏市は、サッカーの競技人口も多く、サッカーの根づいた街でもあり、フットサルを知ってもらう、またはプレーする子供達を増やすことで、サッカースキル向上の一役 を担えることを目標とします。
  3. 競技の垣根を越えた【スポーツ】での柏市活性化 スポーツタウン柏を掲げる柏市には、9つのホームタウンクラブが存在します。他クラブの皆様と共に連携し、競技の垣根を越えて、スポーツで柏市を活性化することも目指します。
    柏レイソル、JX-ENEOSサンフラワーズ、YBC柏、JR東日本野球部、柏エンゼルクロス、積水化学女子陸上競技部、TTC(吉田記念テニス研修センター)、柏ゴールデンホークス、トルエーラ柏 

奈須代表から加盟の意気込み

 奈須代表ネクストステージイメージ画像

  1. 地域でのフットサル普及
    日本フットサルリーグへ加盟するにあたり、クラブとして地域の方々にフットサルに興味を持っていただき、身近なものになるよう、普及面でも大きく前進できるよう取り組んでいきます。
  2. Fリーグディビジョン2優勝
    柏を背負って全国の舞台で戦いますので、柏の名が強く、素晴らしいものに響き渡るよう、Fリーグディビジョン2の優勝を目指して戦います。
  3. フットサル日本代表選手の育成
     2020年にフットサルW杯が開催されます。日本も開催国誘致に手を挙げており、そこにトルエーラ柏から日本代表選手としてピッチに立つことのできる選手の育成も目指します。地域の皆様と共に作り上げていくクラブでありたいと思います。

チーム情報はこちらから

HP: http://toruela-kashiwa.net/
Facebook : https://www.facebook.com/TORUELAkashiwa/
twitter :https://twitter.com/toruela_kashiwa

情報発信元

地域づくり推進部スポーツ課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1133
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート