JX-ENEOSサンフラワーズ 皇后杯優勝!4連覇達成!!

最終更新日 2019年3月29日

ページID 038744

印刷

第83回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会優勝

2016/2017シーズンのWリーグでも全勝と首位を独走するJX-ENEOSサンフラワーズが、平成29年1月2日(月曜日)~8日(日曜日)に開催された第83回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会で、4年連続21回目の優勝を飾りました。

写真1

決勝戦は、平成29年1月8日(日曜日)に国立代々木競技場第一体育館で開催され、富士通レッドウェーブ(Wリーグ2位)と対戦しました。

第1ピリオドは、JX-ENEOSが僅かにリードする拮抗した展開となりましたが、第2ピリオドから、渡嘉敷選手、宮澤選手、間宮選手のインサイド陣の活躍もあり18点差の大量リードで前半を折り返しました。

第3ピリオド、第4ピリオドも着実に点数を重ね、結果91対67の24点差で快勝し、大会4連覇を達成しました。

大会ベスト5には、宮澤選手が初選出され、吉田選手が4年連続、渡嘉敷選手が7年連続で選ばれました。

今後も、Wリーグとの4年連続2冠達成に向けて、JX-ENEOSサンフラワーズを応援しましょう。

試合の様子

写真4
フリースローを打つ渡嘉敷選手
写真3
吉田選手の華麗なパス
写真5
ゴールを決める間宮選手
写真2
スリーポイントシュートを打つ宮澤選手
写真6
大会ベスト5に選出された
左から吉田選手、渡嘉敷選手、宮澤選手
写真7
4連覇おめでとうございます!!

JX-ENEOSサンフラワーズの試合スケジュール

詳しくはこちら(JX-ENEOSサンフラワーズのホームページ)から(外部リンクします)。 

情報発信元

地域づくり推進部スポーツ課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1133
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート