輝くアスリート「柏の一番星」第38回 レスリング競技~日体大柏が全国の頂点に立つ!!~

最終更新日 2017年6月20日

ページID 036433

印刷

日体柏レスリング部集合写真

平成28年度全国高校総体(インターハイ)が中国地方で開催され、8月2日(火曜日)~5日(金曜日)に広島・東広島運動公園で行われたレスリング競技大会において、日本体育大学柏高等学校(以下、日体大柏)が団体優勝を果たしました!!

千葉県勢として初めて全国の頂点に立った日体大柏レスリング部は、大澤友博監督をはじめ、砂川航祐コーチ、森下史崇コーチ率いる、創部2年目の新星チームです!
また、個人戦では55キロ級で山口海輝選手、120キロ級でプレブスレン・デレゲルバヤル選手が優勝、60キロ級では伊藤謙心選手が3位の好成績を収めました!

全国高校総体(インターハイ)出場までの道のり

全国高校総体(インターハイ)に出場するには、予選突破が必要です。代表選考会での優勝を果たし、千葉県代表の切符を獲得しました!

平成28年度第69回千葉県高等学校総合体育大会レスリング競技会 兼 全国高等学校総合体育大会千葉県代表選考会

日にち 平成28年6月17日(金曜日)、18日(土曜日)

会場 千葉・佐倉市民体育館

学校対抗戦成績

第1位 日本体育大学柏高校(インターハイ出場!)
第2位 八千代松陰高校
第3位 県立京葉工業高校
第4位 県立野田中央高校

平成28年度 全国高等学校総合体育大会レスリング競技大会・三笠宮賜牌第63回全国高等学校レスリング選手権大会(インターハイ)

日にち 平成28年8月2日(火曜日)~5日(金曜日)

場所 広島・東広島運動公園体育館
(郵便番号739-0036 広島県東広島市西条町田口67-1)

学校対抗戦(日本体育大学柏高等学校)出場選手

出場選手
階級 氏名 学年 備考
50キロ級 服部 大虎(はっとり だいご) 2年
55キロ級 山口 海輝(やまぐち かいき) 2年 個人対抗戦優勝
60キロ級 伊藤 謙心(いとう けんしん) 2年 個人対抗戦第3位
66キロ級 奥井 真吉(おくい しんきち) 1年
74キロ級 井筒 勇人(いづつ ゆうと) 2年 主将
84キロ級 白井 達也(しらい たつや) 1年
120キロ級 プレブスレン デレゲルバヤル 2年 個人対抗戦優勝

学校対抗戦試合結果

8月2日(火曜日) 午前10時30分試合開始

日体大柏は、初戦2回戦目の宮崎日大と3回戦目の北部農林を撃破。順調にベスト8へ進出です!

試合結果
回戦 対戦校 試合結果
1回戦 -      -    -
2回戦 宮崎日本大学高校(宮崎県) 7対0で勝利!
3回戦 北部農林高校(沖縄県) 6対1で勝利!

 8月3日(水曜日) 午前9時試合開始

準々決勝のいなべ総合学園を倒し、準決勝では3月の全国高校選抜大会優勝の鹿屋中央に快勝。決勝では昨年度敗れた飛龍との対戦。66キロ級時点で1対3と追い込まれましたが、74キロ級の井筒勇人主将が流れを呼び戻し、84キロ級、120級と快勝。1年越しのリベンジを果たし、見事優勝となりました!

試合結果
回戦 対戦校 試合結果
準々決勝 いなべ総合学園高校(三重県) 4対3で勝利!
準決勝 鹿屋中央高校(鹿児島県) 5対2で勝利!
決勝 飛龍高校(静岡県) 4対3で勝利!

総合結果 団体優勝!!

日体大柏レスリング部主な競技成績

(平成27年度)

  • 全国高等学校総合体育大会 団体ベスト16
  • 全国高校選抜大会 団体ベスト8

(平成28年度)

  • 関東高等学校レスリング大会 団体優勝
  • 全国高等学校総合体育大会千葉県大会 団体優勝(2年連続2回目)

日体大柏高等学校レスリング部の皆さんに取材しました!

9月1日(木曜日)、日体大柏高校レスリング部が市長表敬訪問で来庁され、選手の皆さんにお話を聞くことができました!

選手紹介・挨拶

日体柏レスリング部選手

50キロ級 服部 大虎(2年)

  • 9月13日(火曜日)~18日(日曜日) 世界カデット選手権出場

「インターハイでは、チームに良い流れを作れました。」

55キロ級 山口 海輝(2年)(副主将)

  • 日韓競技力向上スポーツ交流事業のため欠席

60キロ級 伊藤 謙心(2年)

  • 7月6日(水曜日)~9日(土曜日) 2016年アジア・カデット選手権優勝

「インターハイでは、団体戦準決勝・決勝で負けてしまい、チームに貢献できなくて悔しいです。」

66キロ級 奥井 真吉(1年)

  • 大会に向けて、10キログラムの減量をした

「初めての団体戦で、団体戦の厳しさを知りました。」

74キロ級 井筒 勇人(2年)(主将)

  • 4月23日(土曜日)~24日(日曜日)に行われたJOC全日本ジュニアレスリング選手権大会で69キロ級日本一に輝く
  • 9月13日(火曜日)~18日(日曜日) 世界カデット選手権出場

「主将としての役目を果たせました。皆で励まし合って、明るく乗り越えました。」

84キロ級 白井 達也(1年)

「初めてのインターハイで、良い経験ができました。」

120キロ級 プレブスレン・デレゲルバヤル(2年)

「緊張しましたが、優勝できて嬉しいです。」

50キロ級 竹下 雄登(1年)

「今年はサポートしてインターハイに参加しましたが、来年は選手として活躍したいです。」

55キロ級補員 谷口 日向(2年)

  • 9月13日(火曜日)~18日(日曜日) 世界カデット選手権出場

「補員は悔しいです。9月の世界大会出場のチャンスは無駄にしないよう、精一杯勝負します。」

84キロ級 宮本 海渡(1年)

「来年こそは、レギュラーでインターハイに出場したいです。」

120キロ級 アビット・ハルーン(2年)

「秋に行われる新人大会では、全力を出し切って好成績を収めたいです。」

千葉県勢初優勝をした時、どんな気持ちでしたか?インターハイの感想は?

一同 素直に嬉しかったです。

今後、どのような試合があるのか?

9月の世界カデット選手権に、服部選手・伊藤選手・井筒選手が出場します!
来年のインターハイ2連覇に向けて、頑張ります。

普段、どのような練習をしているの?

大澤監督 「レスリング競技以外にも、走りこみ等を行う。高校生ではなく、全日本級の練習をしています。メニューを変えて、1日3時間程度の練習を毎日行っています。」
デレゲルバヤル選手 「走りこみや筋トレの練習は、本当にきつい!」
井筒主将 「上へ上へという目標があるから、きつい練習も乗り越えられます。」

レスリングに目覚めたきっかけは?

井筒主将 「父親が、大澤監督の教え子であり、代々レスリングに打ち込んでいます。」
伊藤選手 「井筒主将に勧められました。」
井筒主将 「那智中(和歌山)勢の山口選手・伊藤選手も、自分の父に誘われ、レスリングに目覚めました。」
服部選手 「水戸出身のため、毎年茨城県で行われる全国中学生レスリング選手権大会で父に勧められました。最初は乗り気ではなかったが、ポケモンカードに釣られました。」

辛いとき、どのように乗り越えていくのか?

井筒選手 「中学時代にトップだった人たちの集まりだから、皆個性が出てしまい、まとめるのが難しかったです。インターハイ中も、試合終了毎にバラバラになっていたので、ミーティング等を行いまとめました。1人1人の「優勝したい!」という気持ちが決勝戦で一つになり、結果を残すことができました。」

インターハイを終えて、次の目標は?

井筒主将 「来年は、全ての種目で金メダルを獲得したい。団体戦2連覇を目指します!!」
服部選手 「個人優勝」
伊藤選手 「個人優勝」
デレゲルバヤル選手 「2連覇」

日体大柏レスリング部の皆さん、ありがとうございました!!
今後の国体やアジア・世界大会での活躍、そして、来年のインターハイ2連覇を応援しています!

情報発信元

地域づくり推進部スポーツ課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1133
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート