生涯学習部ってどんなところ?

最終更新日 2020年7月1日

ページID 050180

印刷

生涯学習部プロフィール

生涯学習部長からのメッセージ

R2syougaigakusyu
宮島浩二生涯学習部長

皆さんこんにちは、令和2年4月に生涯学習部長に着任いたしました宮島です。

生涯学習部では、柏市第五次総合計画でお示ししているまちづくりの基本的な目標(=いわゆる「重点目標」)を効果的に実現していくために、学校のみならず、地域や家庭での様々な「学び」の充実と支援のための事業の推進や、そのために必要な体制・環境の整備を積極的に進めていきたいと考えています。

ここで、そのために考えていることをいくつかお示しします。

まず第一は、多様な資源の有効活用です。

柏市には、図書館や郷土資料館、中央公民館、青少年センター等の施設の他、生涯学習ボランティアの方々や多くの文化財など、ハード・ソフト、有形・無形の資源がたくさんございます。これらの資源を起点とし、人々が集い-交流し-創造し-発信していけるような取り組みを考え、その中で相互に関係し合うことで柏市の魅力の向上と地域コミュニティの活性化を図ることができると考えています。

第二に、児童の居場所の確保です。

古くから学校は地域の拠点であり、柏市のコミュニティエリアも、その多くは学区を考慮して作られています。児童、生徒にとって日中の居場所の中心はもちろん学校ですが、家庭生活が多様化している現在においては、放課後の居場所の重要性が高まっています。生涯学習部は教育委員会に属していますから、その強みを最大限に活かし、学校と地域の橋渡し役を担い児童の放課後について地域や学校と一体となって支援していきます。

第三は、生涯学習活動を通じた拠点の整備と運営です。現在、利用者の皆様には大変ご迷惑とご不便をおかけしておりますが、市役所そばの教育福祉会館(中央公民館の入る建物)が耐震改修工事に合わせてリニューアル中です。リニューアル後はバリアフリー化などハード面の向上だけでなく、フロアごとに「相談・支援」「多世代交流・創成」「教育福祉連携」などのコンセプトを持たせ、年代や活動内容に関わらず様々な方々が交流できる施設を目指します。また、運営面においては、利用団体を含めた市民の皆さんに一定程度お任せすることを試みたいと考えています。「方向性を定め、それに合ったルールを自ら決め、自分たちで責任を持つ」(もちろん市役所としても必要な支援はしますが口出しは最小限に)。リニューアルの後のキーコンセプトである「地域共生」や「多世代交流」を、運営を通じて自ら実践していこうという取り組みです。

冒頭にも書きましたが、生涯学習部が目指すことを一言で言えば「生涯学習活動を通じたまちづくり」です。

今、地域や地縁による活動は、生活様式の多様化や核家族化などにより、従来の力を失いつつあります。しかし、その中でも、求心力のあるコンテンツはいつの時代でも必ずあります。例えば「健康長寿」や「防災」「子育て支援」などは多くの方が関心を寄せていただけるものと考えます。幸いにも教育委員会に属している生涯学習部には学校という大きな資源や図書館や公民館と連携しやすい環境にあることから、そのメリットを最大限に活かした活動を、幅広くご意見を聞きながら進めてまいりたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

生涯学習部の主な取り組み

  • 教育委員会議に関する事務、教育委員会事務局職員の人事管理
  • 生涯学習の推進
  • 芸術文化の振興

令和元年度 生涯学習部の方針と取り組み

方針1 図書館サービスの充実

課題内容

  • 「柏市図書館のあり方(平成31年2月策定)」の具現化 

取り組み

  • 図書館分館における地域資料の収集、保存
  • 資料収集方針の改訂と除籍事業の推進

方針2 放課後子ども教室の充実

課題内容

  • 放課後子ども教室の内容充実

取り組み

  • 小学校の余裕教室等を活用し、放課後に地域住民等の協力を得て、補充学習を実施
  • 放課後の子どもの居場所を確保することを目指し、地域と連携して事業を拡充

方針3 教育福祉会館のリニューアルオープン

課題内容

  • 教育福祉会館は、耐震補強工事に合わせ、教育と福祉が連携し、誰もが利用しやすく支え合える共生型施設を目指して大規模改修工事を実施

取り組み

  • 令和3年1月のリニューアルオープンに向け、進捗管理を実施
  • 改修工事では使用環境の改善だけではなく、バリアフリー化も実施。また、大規模災害に備えるため、公衆Wi-Fiを整備
  • リニューアル後の施設の利用ルールや運営方法を検討

方針4 音楽の街かしわの創出(吹奏楽を活かしたまちづくり)

課題内容

  • 市民が誇れる柏市文化として発展させ、まちの活性化につなげるために、市が持つ文化の強みや特徴を十分活かし、市内外に対して積極的にアピールすることが必要

取り組み

  • 柏の特色あふれる文化活動が市内外に「音楽の街」として認知・評価されるために、吹奏楽をはじめとした音楽活動等を活用しながら事業に取り組む 

方針5 「柏市文化財保存活用地域計画」の策定

課題内容

  • 都市化や市民の意識の変化などに伴い、年々失われつつある文化財の総合的な調査を実施。調査結果に基いた、文化財の保存や活用を総合的・計画的に推進

取り組み

  • 令和元年度から4カ年計画で計画を策定。計画策定協議会を設置し、事前把握調査及び補足調査を実施
  • 市民の意見を取り入れるためにシンポジウムやワークショップを開催するなど、広く意見を聴取しながら計画を策定