生涯学習部ってどんなところ?

最終更新日 2017年5月1日

ページID 040981

印刷

平成29年度 生涯学習部プロフィール(部局運営方針)

生涯学習部長からのメッセージ

部長
篠原忠良生涯学習部長

生涯学習部では、第5次総合計画の部門計画として、教育振興計画、生涯学習推進計画、芸術文化振興計画、スポーツ推進計画の4つの計画を策定しました。

生涯学習活動は、いつでも、どこでも、学ぶことにより、自己の充実につながります。地域の人々が、学びあい、支え合うことにより、住み良い地域づくりが進められます。引き続き、これらの計画に基づき、多様な主体との連携協働を深めて、事業を進めていきます。

家庭、地域、行政が連携し、家庭の教育力向上や子どもの健全育成に向けた支援を行います。また、市民の学びの支援や学んだ成果を生かせる機会を提供し、つながりを大切にした地域づくりの実現を目指します。

ネットトラブル抑止や早期発見、ネットいじめ防止について、自ら考える力を養う取り組みを実施します。
市民の文化活動の支援を行うとともに、柏らしさの創出・演出に努めます。併せて、歴史資料や文化財の保護・活用を行います。
競技スポーツの支援をはじめ、地域の人々の体力づくり、健康増進を目指し、市民の誰もがスポーツに親しめる生涯スポーツ社会の実現を推進します。
子どもの読書活動の基礎を培うとともに、市民の「知りたい」要求に応え、生活や仕事に役立つ地域の情報拠点として、市民や地域の課題解決を支援します。
これらの取り組みを着実に進めるため、学校教育部と共同で教育委員会全体の組織・職員体制の最適化を進めていきます。

部が設置する課・室

  • 教育総務課
  • 生涯学習課
  • 中央公民館
  • 少年補導センター
  • 文化課
  • スポーツ課
  • 図書館

生涯学習部の資源

組織構成

職・課名

常勤

再任用
(短時間)

臨時

その他

合計

部長・次長級職

2

4

教育総務課

8

1

9

生涯学習課

10

8

18

中央公民館

6

3

11

20

少年補導センター

3

2

5

文化課

13

8

20

スポーツ課

11

10

図書館

19

2

126

147

  • 部職員合計233名、うち正規職員72名(全正規職員(2,645名)に占める割合2.7パーセント )

平成29年度当初予算

  • 一般会計 1,016,327,000円(一般会計全体(122,730,000,000円)に対する予算割合0.8パーセント)
  • 特別会計 79,767,000円

生涯学習部の主な課題と対応・取り組み方針

課題1 教育委員会全体の組織・職員体制の最適化

課題内容

第五次総合計画、教育振興計画などの各種計画や教育大綱に掲げる目標を達成していくためには、人材や予算など限られた資源を最大限に活かす必要があります。

対応・取り組み方針

平成29年度においても、学校教育部と共同で教育委員会全体の組織体制や事務分担等を再検証し、効率や重点を念頭に、平成30年度に向けて最適化を図ります。

課題2 放課後子ども教室ステップアップ学習会の拡大

課題内容

放課後子ども教室のうち平日に行うステップアップ学習会は、学習習慣の形成や定着を図る事業として、学校や保護者からの評価も高く、実施校の増加が望まれています。全小学校での実施を目指し、事業拡大に向けて取り組んでいく必要があります。

対応・取り組み方針

平成29年度は、38小学校で実施します。平成26年度に策定をした行動計画に則り、全42小学校での実施に向けて、事業を展開します。事業の拡大に伴い、児童への指導を行う学習アドバイザーの増員に努めます。

課題3 家庭教育支援の推進

課題内容

「みんなの子育て広場」の実施校については運営の自立化を進め、未実施校についてはPTAの理解を得ながら着実に全42小学校への事業拡大に取り組む必要があります。

対応・取り組み方針

「みんなの子育て広場」支援コーディネーターを4名増員して実施校に派遣し、運営の自立化を支援します。平成29年度は、7校増の35小学校での実施を予定しており、できるだけ早期に全小学校での実施を目指します。

課題4 公民館事業の拡充

課題内容

市内唯一の公民館である中央公民館が、すべての市民の生涯学習を支える施設として、広域的に公民館事業を展開する必要があります。

対応・取り組み方針

中央公民館、沼南近隣センター(旧沼南公民館)を拠点に講座を実施するとともに、より、市民に身近な地域にある近隣センターでも生涯学習講座を実施します。

課題5 ネット依存・非行の防止啓発活動の充実

課題内容

近年、小中高生が携帯電話等を使用することで、生活習慣の乱れ、不適切な画像の投稿、誹謗中傷・いじめといった事例は増加しています。その防止のための啓発活動を充実する必要があります。

対応・取り組み方針

市内小中高等学校の児童生徒及びその保護者を対象とした安全教室等において、従来の内容に加え、携帯電話等の使用が生活習慣の乱れ・いじめに繋がる危険性や、スマートフォン使用特有の注意点についても啓発します。

課題6 音楽の街かしわの創出(吹奏楽を活かしたまちづくり)

課題内容

市民が誇れる柏市文化として発展させ、まちの活性化につなげるために、市がもつ文化の強みや特徴を十分に活かし、市内外に対して積極的にアピールする必要があります。

対応・取り組み方針

柏の特色あふれる文化活動が市内外に「音楽の街」として認知・評価されるため、吹奏楽をはじめとした音楽活動等を活用しながら事業に取り組みます。

課題7 柏市史の刊行

課題内容

本市の歴史を市民や学校の子どもたち等に分りやすく発信することで郷土への理解及び住み続けたくなるまちへの愛着につなげます。そのため、市史の編さんを進めるにあたり体制を整備する必要があります。

対応・取り組み方針

どのような歴史の本が市民のニーズに合っているのかを見極めながら、史編さん委員会との連携を図り、人材の育成を行い、計画的な刊行に取り組みます。

課題8 市民のスポーツ実施率の向上

課題内容

全ての市民がさまざまなかたちでスポーツに親しむことができるよう、その目標として、週1回以上スポーツを実施する成人の割合をが65パーセント以上(国の目標値)となることを目指すための取組みが必要となっています。

対応・取り組み方針

全ての世代がそれぞれのライフスタイルに応じて、スポーツ習慣を身に付け、継続的にスポーツに親しむことが出来る「生涯スポーツ社会の実現」を目指して、市民がスポーツ活動に主体的に取り組むことができる環境づくりを進めます。

課題9 スポーツ施設の老朽化対策

課題内容

スポーツ施設では、耐用年数の半分を経過した施設が多くなっており、また、経年劣化により毎年多くの箇所の修繕が必要となっています。

対応・取り組み方針

利用者の安全確保及び老朽化が著しい施設の長寿命化対策として、柏市公共施設等総合管理計画「基本方針編」に基づき、個別施設計画の策定を進め、計画的に修繕を行います。また、災害時に備えた施設整備を行うなど、安全安心で利用しやすい施設の管理運営に努めます。

課題10 図書館施設の整備

課題内容

図書館本館は築40年、豊四季台分館は築50年を経過し、老朽化が進んでいます。また、本館は40万都市の中央図書館としては狭隘な施設となっています。

対応・取り組み方針

図書館本館、豊四季台分館については、安全性を第一に、計画的に改修工事を行い、保存書庫の整備に取組むとともに、市民にとって利用しやすい図書館整備を進めていきます。

課題11 子どもの読書活動の推進

課題内容

子どもの読書活動は、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものであり、公立図書館としてその推進を図っていくことが必要です。

対応・取り組み方針

学校図書館と連携し、資料の貸出しや調査相談に応じる等の支援を行うとともに、子どもの読書の大切さに関する普及・啓発を行ないます。

課題12 市民の「知りたい」に応える図書館づくりの推進

課題内容

地域の課題を市民が自ら解決できるよう、地域の課題解決に役立つ資料を収集し、市民が情報検索しやすいサービス環境を整えていくことが必要です。

対応・取り組み方針

市民自らが情報検索を効率的に行えるような支援を行います。

課題13 本を通じた交流を生む図書館づくりの推進

課題内容

地域の課題を解決し、地域で活躍する市民を増やすため、地域の課題解決につながる学習活動の支援が必要です。

対応・取り組み方針

地域に身近な分館において、関係各課と連携し、市民の交流を生む学習機会の提供を行います。

平成29年度の主な事業

組織・職員体制の見直し

学校教育部と共同で教育委員会全体の組織体制(課・室等)や事務分担等を再検証し、効率や重点を念頭に、平成30年度に向けて最適化を図ります。

  • 目標
    組織体制(課・室等)や事務分担の再編、共通事務の集約に向けた検証を進め、必要な体制変更を行います。
  • 関連する課題
    教育委員会全体の組織・職員体制の最適化
  • 予算
    0円
  • 担当課
    教育総務課

放課後子ども教室推進事業

小学校の余裕教室等を活用し、地域住民等の協力を得て子どもたちの放課後の居場所を提供する事業です。学びの場としてのステップアップ学習会(平日の補充学習)、体験の場としての夏休み子ども教室を実施する予定です。

  • 目標
     ステップアップ学習会については、柏市放課後子ども総合プランに基づき、全小学校での実施に向けて、事業を進めていきます。
  • 関連する課題
    放課後子ども教室ステップアップ学習会の拡大
  • 予算
    30,440,000円
  • 担当課
    生涯学習課

「みんなの子育て広場」支援事業

学校・家庭・地域が連携の下、家庭教育の重要性を理解し、保護者自らが子育てにおいて必要な学びや情報を共有する場の運営を支援します。

  • 目標

    • 「みんなの子育て広場」実施校数 35校
    • 年度の早い時期から新規実施校の開拓を進めます。
  • 関連する課題
    家庭教育支援の推進
  • 予算
    7,326,000円
  • 担当課
    生涯学習課

中央公民館事業

多様な主体と連携して事業を展開するため、専門的・技術的な情報提供やアドバイスを行う生涯学習専門アドバイザーと協力しながら、近隣センター等で生涯学習講座を実施します。

  • 目標
    近隣センター等で実施する講座の回数を増やします。
  • 関連する課題
    公民館事業の拡充
  • 予算
    7,684,000円
  • 担当課
    中央公民館 

ネット依存・非行の防止啓発講演

市内小中高等学校の児童生徒・保護者を対象に、携帯電話・スマートフォンの使用における安全教室等の啓発活動を実施します。各学校から要望のあった時期及びテーマに応じ、全校集会や保護者会等において講演を行います。

  • 目標
    全ての市立中学校で、新1年生を対象としたネット依存・非行の防止啓発講演を9月までに実施します。
    特に啓発が必要と判断した市立小学校で、高学年を対象としたネット依存・非行の防止啓発講演を年度内に実施します。 
  • 関連する課題
    ネット依存・非行の防止啓発活動の充実
  • 予算
    0円
  • 担当課
    少年補導センター

音楽の街かしわの創出(吹奏楽を活かしたまちづくり)

かしわ塾,大人向け音楽ワークショップの開催、オーケストラや本市にゆかりのあるアーティストのコンサートを行う音楽月間の開催、さらに市内音楽情報収集及び発信事業を行います。

  • 目標
    音楽活動に携わっている人のみならず、不特定多数の人に気軽に音楽を楽しんでもらう機会を提供し、より広く「柏市=音楽の街」というイメージが定着するよう目指します。
  • 関連する課題
    音楽の街かしわの創出(吹奏楽を活かしたまちづくり)
  • 予算
    3,852,000円
  • 担当課
    文化課

市史刊行事業

市史編さん刊行計画に基づき、柏市史、資料集、市史研究等の編集、刊行等を行います。

  • 目標
    柏市域に関連した原始古代中世の考古資料を収載した『柏市史原始古代中世考古資料』の平成30年度の刊行に向けた準備作業を進めます。
  • 関連する課題
    柏市史の刊行
  • 予算
    3,649,000円
  • 担当課
    文化課

郷土資料展示室の管理運営

日ごろ目にすることの少ない実物資料により市域の歴史や文化財を紹介し、“郷土かしわ”に対する興味と理解増進を図るとともに、市所蔵の美術作品の展示公開を通して,美術工芸に対する興味関心にも応えるため、施設を管理運営します。

  • 目標
    市民への定着や入館者の増加に向け、展示内容の充実や広報活動、学校教育の場への周知を図りながら、より充実した展示を企画して運営していきます。また、29年度は公益財団法人千葉県教育振興財団と千葉県北西部地区文化財担当者協議会主催の巡回展を受け入れます。
  • 予算
    7,076,000円
  • 担当課
    文化課

埋蔵文化財の発掘調査

埋蔵文化財の把握に努め、保護と開発との調整を図りながら、現状保存の見込めない場合は発掘調査(本調査)を実施して、復元整理の上で報告書を刊行します。

  • 目標
    記録保存となった埋蔵文化財発掘調査の成果を市民や研究者に還元できるよう、より速やかな報告書の刊行と活用できる状態への出土遺物の整理を図っていきます。
  • 予算
    25,875,000円
  • 担当課
    文化課

地域での健康・体力づくりの推進

市民の体力向上・健康増進・スポーツ技術の向上を図るため、世代やスポーツ習慣の有無などを考慮した取り組みを行います。

  1. トップアスリート講習会の開催
  2. 「スポーツドリームかしわ」の開催
  • 目標
    市民のスポーツに対する関心を高め、実施するきっかけとなるよう、また、技術の向上を図ります。各世代にあった運動、スポーツ体験教室や講習会などを実施し、誰もがスポーツに触れ合う機会を創出します。
  • 関連する課題
    市民のスポーツ実施率の向上
  • 予算
    2,592,000円
  • 担当課
    スポーツ課

スポーツ施設の整備・充実

柏市公共施設等総合管理計画「基本方針編」に基づき、個別施設計画の策定を進め、計画的な施設修繕や災害時に備えた施設整備の他、必要な施設用地の取得を行います。

  1. 高田運動広場用地買取
  2. 施設修繕・工事
  • 目標

    •  計画的な修繕を行うことにより施設の長寿命化を図ります。
    • 市民により良いスポーツをする場所を提供します。 
  • 関連する課題
    スポーツ施設の老朽化対策
  • 予算
    73,184,000円
  • 担当課
    スポーツ課

図書館本館改修工事の実施

老朽化の顕著な図書館本館の給排水・消火栓設備工事等の設計委託を行います。

  • 目標
    安全で快適な施設を提供し、より良い読書環境を維持します。
  • 関連する課題
    図書館施設の整備
  • 担当課
    図書館

沼南分館保存書庫の整備

既存の保存書庫が収容冊数を超えているため、沼南分館の作業室に書架を増設します。

  • 目標
    資料の保存場所を確保します。
  • 関連する課題
    図書館施設の整備
  • 担当課
    図書館

学校図書館の支援

学校図書館での読書会開催用のセット本をこども図書館内の学校図書館配送コーナーに設置します。また、指導課主催の「調べる学習コンクール」においてレファレンス(調査相談)の支援を行ないます。

  • 目標
    学校と連携して読書活動を推進します。
  • 関連する課題
    子どもの読書活動の推進
  • 予算
    763,000円
  • 担当課
    図書館

図書館活用講座の開催

市民が自ら情報検索を効率的に行えるよう、図書館利用者端末や、所蔵するデータベースの活用講座を開催します。

  • 目標
    市民の情報アクセス能力の向上を目指します。
  • 関連する課題
    市民の「知りたい」に応える図書館づくりの推進
  • 予算
    0円
  • 担当課
    図書館

地域の課題解決につながる学習活動の支援

図書館分館において、近隣センターで開催するイベント等にあわせた関連図書の展示や資料提供、地域を会場とした読書会やビブリオバトル等の学習イベントの支援を行います。

  • 目標
    市民の交流を生む学習機会を提供することで、多世代交流を図るとともに、市民が地域を知り、課題解決をする手助けを行います。
  • 関連する課題
    市民の「知りたい」に応える図書館づくりの推進
    本を通じた交流を生む図書館づくりの推進
  • 予算
    0円
  • 担当課
    図書館