柏市教育委員会平成21年第10回定例会会議録

最終更新日 2011年3月1日

ページID 003673

印刷

1.日時

  • 平成21年10月29日(木曜日)
  • 開会午後2時30分
  • 閉会午後3時37分

2.場所

  • 沼南庁舎 501会議室(沼南庁舎5階)

3.出席委員

  • 委員長         塚原 純
  • 委員長職務代理者 前田 寿紀
  • 委員          渡来 正明
  • 委員          塚本 睦子
  • 教育長         河合 良

4.委員及び傍聴人以外の出席者

生涯学習部

  • 生涯学習部長       猿渡 久人
  • 生涯学習部次長     石塚 幸男
  • 生涯学習課長       柴田 幸雄
  • 中央公民館長       足立 知哉
  • 沼南公民館長       額田 修
  • 少年補導センター所長  宮本 知史
  • 文化課長          友野 雅和
  • 図書館長          成島 勉
  • スポーツ課統括リーダー 海老原 謙一
  • スポーツ課担当リーダー 高橋 一夫

学校教育部

  • 学校教育部長       野中 和彦
  • 学校教育部次長     藤江 美紀雄
  • 学校教育部次長     矢口 國男
  • 学校教育課長       山本 和寿
  • 学校施設課長       大久保 篤
  • 学校安全対策室長    佐藤 正志
  • 学校給食センター所長  村田 秀昭
  • 指導課長          秋谷 雅和
  • 教育研究所長       佐藤 進
  • 学校教育課副参事    佐藤 高市

事務局

  • 教育総務課副参事     籠  博郎
  • 教育総務課統括リーダー 大上 実
  • 教育総務課副主幹     岡村 秀明

5.傍聴に関する説明

委員長より、会議は原則公開(「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第13条第6項の規定による)であることの説明、及び「柏市教育委員会会議傍聴規則」第1条の2第2項の規定に基づき傍聴者がいないことの報告があった。

6.開会宣言

7.前回会議録の承認

8.教育長報告

報告

生涯学習部長:教育長報告は全部で7件ございます。まず始めに、市議会平成21年第3回定例会についてご報告申し上げます。市議会平成21年第3回定例会は、9月4日に開会して、9月10日から17日までの6日間にわたり質疑並びに一般質問が行われました。提出議案はすべて原案どおり可決され、9月28日に閉会いたしました。質疑並びに一般質問の内容につきまして、順次ご報告いたします。生涯学習部関係でございますが、新中央図書館の整備につきましては、建設候補地は周辺環境の面から見て適当であったのか、再開発事業が停滞している現状であり図書館整備は凍結すべきではないかとの質問がありました。それに対しては、子どもの安全・安心にかかわる防犯面での対応には既に取り組んでおり今後も継続していくこと、現時点で図書館整備事業の凍結や見直しは考えておらず、再開発事業の動向を見きわめていきたいと答弁しております。また、図書館のあるべき姿や新中央図書館整備の考え方に関する質問がありました。新中央図書館のあるべき姿は市民交流の拠点としての機能を果たすためさまざまな使命や役割を担うことであり、現在の図書館においては市内の大学図書館との連携や寝たきりの方々へのサービス等を引き続き充実していきたいと答弁しております。また、生涯学習活動につきまして、予算が毎年縮小される中で事業をどのように進めていくのかという質問があり、生涯学習については教育委員会だけではなく他部署との連携を図りながら、総合的かつ継続的な取組を進めていきたいと答弁しております。スポーツ振興については、現在の取組状況についての質問があり、中高年に対する支援や総合型地域スポーツクラブの拡充など、スポーツ振興計画に基づいて取り組んでいると答弁いたしました。

学校教育部長:学校教育部関係の質疑につきましてご報告申し上げます。まず、教科書選定につきましては、教科書採択に係る協議会及び教育委員会議を公開にすべきではないか、非公開とすることを適切と考えているのかとの質問がありました。それに対しては、教科書採択の公正確保や他市と共同採択を行っているという観点から、会議の非公開は望ましいと考えていると答弁いたしました。学校給食については、安全安心な地産地消の推進について質問がありました。これに対しては、地場産の新鮮な野菜の安定供給ができるルートづくりが、安全安心な学校給食の推進に有効な方法と考えられるので、関係各課と今後検討していきたいと答弁しました。また、学校給食費の滞納についての質問がありました。滞納者は平成18年度66名、19年度87名と増加傾向にあり、約半数が経済的な理由、残りの半数が保護者の責任感や規範意識の問題であると考えています。対策としては、経済的な理由による未納の保護者には、就学援助制度を十分説明すること、責任感や規範意識の問題による未納の保護者には、あらゆる機会をとらえて督促を続け、未納費の解消に努めていきたいと答弁いたしました。また、学校の再編につきまして、柏市の現状と今後の考え方について質問がありました。学校規模に著しく不均衡な状況が進行し、学校教育の充実や教育環境の公平性の上でさまざまな課題が生じているため、柏市学校適正配置審議会からの答申をもとに基本方針を策定した上で、教育環境に課題が生じている地域では、必要に応じて地域の意見を聴取する場として、協議会の設置や説明会などを行い、適正な学校規模の実現に向けた対策を進めていきたいと答弁いたしました。幼児教育につきましては、市立かしわ幼稚園を廃園の方向で決定した経緯の中で、市長や議会、市民の意見を十分取り入れていないのではないかとの質問がありました。市立かしわ幼稚園については、幼児教育振興審議会の答申や市立かしわ幼稚園を守る会の方々のご意見を踏まえ、また、約10年前の議論もあった上で、教育委員の間で時間をかけて協議したものであり、先ほどの三者の意見を無視しているとは考えておらず、これからも幼児教育の充実のために、各方面のご意見を聴いていくとの答弁をいたしました。また、柏市の伝統ある幼児教育の研究成果にはどのようなものがあるか、幼児教育の定義とは何かとの質問があり、幼保小連携に関する研究成果を幼保小連絡協議会での資料として活用するなど、柏市の幼保小連携の推進に大きな役割を果たしたと考えていること、また、幼児教育の定義につきましては、幼児教育とはすべての幼児に対する教育を意味し、幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したもので、家庭教育や地域社会における教育及び幼稚園や保育園等での教育も含まれていると答弁いたしました。

中央公民館長:第9回中央公民館フェスティバルについてご報告申し上げます。9月26から27日までの2日間にわたり、第9回中央公民館フェスティバルを開催いたしました。「来て!見て!体験!‐あなたが主役‐」をテーマとして、広く市民の方々に公民館活動を体験してもらうことを目的として毎年開催しています。今年は、36団体のサークルが日頃の活動成果の発表や体験教室を開催し、来場者は1,500人でした。体験教室の主な状況ですが、体操や気功、ヨガなどに112人、小物づくりや折り紙などに129人、吹き矢に140人、その他25団体が体験教室を開き、合計463人の市民が参加しました。なお、オープニングには「楓華」によるよさこい鳴子踊りを、フィナーレには文部大臣奨励賞などを数多く受賞されております古澤史水先生の薩摩琵琶等をそれぞれ披露いたしました。

スポーツ課統括リーダー:第15回手賀沼エコマラソンについてご報告申し上げます。10月25日日曜日に第15回手賀沼エコマラソンが開催されました。スタート時には雨も上がり、気温もそれほど上がらなかったことで、ランナーにとっては走りやすい環境の中で行うことができました。9,488人のエントリーがあり、7,973人が出走、大きな事故もけがもなく7,917人が無事完走しました。毎年80歳を超えるかたが参加しておられますが、今回も82歳の男性ランナーが参加して無事完走しております。なお、新型インフルエンザの対応といたしまして、熱のあるかた、調子の悪いかたはドクターによる検温を行いました。

学校施設課長:平成21年度主要事業の工事進捗状況及び小中学校施設の耐震化状況についてご報告申し上げます。今年度も夏休みを中心に義務教育施設の工事を行いました。耐震補強工事は10校を対象に11棟を改修しました。外壁改修工事は、柏第五小学校で実施しました。トイレ改修事業は風早中学校で実施しております。冷暖房設備設置事業は小学校7校で実施しました。扇風機設置事業につきましては、小学校の普通教室300室に設置して、今年度で完了となりました。なお、中学校は今年度70教室に設置して、来年度に残りの130教室に設置する予定でございます。受変電設備改修は、小学校2校で実施しております。また、児童数が増加して教室不足になっている風早北部小学校に、10月末にプレハブ普通教室5室分を設置する工事に着手して、来年3月下旬に完成の予定でございます。地上デジタル放送対応事業につきましては、小学校40校、中学校20校の地上デジタル化の工事を実施しております。現在移転工事を進めています風早南部小学校を除く60校について順次工事を実施しており、12月中旬に完了の予定でございます。続きまして、風早南部小学校移転整備でございますが、昨年10月に建設工事に着手いたしました。校舎の躯体工事はほぼ終了しており、現在は窓のサッシを取り付けております。講堂や体育館の躯体工事もほぼ終了しており、現在は屋根工事を行っている状況でございます。プールについては、平成22年9月の開校を目指して工事を進めている状況でございます。次に、市立柏高等学校第二体育館整備につきましては、今年9月に工事に着手し、現在は造成工事が終了して、アリーナ棟の杭工事を実施しております。この工事は3か年事業で、平成23年9月の開館を予定しております。続きまして、小中学校施設の耐震化の状況についてです。対象は2階建てまたは延べ面積200平方メートル以上の校舎や屋内運動場等の建物です。小学校41校、中学校20校の283棟が耐震化の対象となります。新しい建物や改修工事済みの建物193棟が耐震化されておりますが、まだ小学校62棟と中学校28棟の合計90棟が未整備となっております。耐震化率につきましては、小学校が62.7%、中学校が76%で、小中学校全体では68.2%でございます。

学校教育部次長:新型インフルエンザについてご報告申し上げます。学級閉鎖の状況は学級閉鎖等実施状況一覧のとおりでございます。特に10月13日と次週の19日で合わせて100学級が学級閉鎖しております。10月26日も51学級が閉鎖になっており、今日までに学校閉鎖した学校は小学校1校で、学年閉鎖は小・中学校それぞれ5校です。学級閉鎖は、小学校が38校で261学級、中学校が19校で137学級となっております。学級閉鎖をしていない学校は、小学校3校と中学校1校だけでございます。新型インフルエンザによる出席停止者数が1日1,000人を超える日もあり、2回目の学級閉鎖を行った学校は14校で23学級となっており、授業日数の確保に影響が出始めている状況でございます。

指導課長:平成21年度全国学力・学習状況調査結果分析についてご報告申し上げます。平成21年4月21日に実施されました、全国学力・学習状況調査の結果が、8月27日に文部科学省から返却され、柏市教育委員会のプロジェクトチームにおいて、結果の分析を行いました。この分析を次年度の教育施策及び学校教育指導の指針に反映させていきたいと思います。

指導課長:第63回東葛飾地方中学校駅伝競走大会についてご報告申し上げます。平成21年10月17日土曜日に、第63回東葛飾地方中学校駅伝競走大会が行われました。東葛飾地区の公立中学校66校が出場し、柏市からも20校が出場いたしました。新型インフルエンザの影響で、他市では4校の出席辞退がありました。結果は、光ケ丘中学校の3位を最高に、酒井根中学校が9位に入賞したほか、20位以内に6校が入りました。他の学校も無事完走しました。

質疑等

渡来委員:新中央図書館整備の件で2点お聞きします。1点目は、新中央図書館が入る予定の再開発ビルの動向を教えてください。2点目ですが、新中央図書館整備に予算は計上されているのでしょうか。

生涯学習部長:新中央図書館が入る再開発ビルの進捗状況でございますが、現在、再開発の事業者である準備組合が保留床の処分先を探している状況であり、実質的には事業がストップしております。予算につきましては、平成20年度と平成21年度で実施設計の予算及び開館後の運営等を検討するためのアドバイザリー業務委託費を計上しております。

塚原委員長:手賀沼エコマラソンにおいて、何か課題のようなものはあったでしょうか。

スポーツ課統括リーダー:今回、募集開始から数日で定員に達してしまいました。名前の知られているマラソンは、このような傾向があります。来年は地元のランナーが参加しやすいよう、地元枠を設けて募集をしたいと思っています。

渡来委員:風早北部小学校にプレハブ校舎を建てるとのことですが、プレハブ校舎は良くない環境というイメージがあります。現在のプレハブ校舎はどうなのでしょうか。

学校施設課長:一昔前のプレハブ校舎は、工事現場の建物のようなイメージがありましたが、現在はエアコンも完備されており、普通校舎と遜色ございません。

渡来委員:風早北部小学校の生徒数は今後どのように増加する見込みでしょうか。また、最大限必要な教室数と、今後作れる余地のある教室数を教えてください。

学校教育課副参事:現在、風早北部小学校は17学級でございます。来年度には3学級増の20学級になる見込みです。また、平成24年度には24学級、平成27年度には27学級と推計しております。教室不足が予想されますので、現在、通学区域の変更の事務を進めております。11月に通学区域審議会に諮問を行い、翌年2月の答申を得まして、平成23年4月から通学区域の変更をする予定でございます。

塚原委員長:教員が新型インフルエンザにかかったことで、学校運営に影響があったでしょうか。

学校教育部次長:教員が新型インフルエンザに感染した例はありますが、特に学校運営に大きな問題が生じたことはございません。

塚本委員:駅伝大会に関してですが、教育委員の立場から、柏市の中学校の生徒を応援しようと、第6区の豊四季駅前に行ってきました。最初のうちは男子生徒ばかりでしたので、女子生徒はこの駅伝には出場できないのかと思っていましたら、次々と女子生徒が走ってきました。女子生徒が参加できることを知りとても嬉しく思いました。

塚原委員長:何区は男子、何区は女子と決まっているのでしょうか。

学校教育部長:決まっておりません。

9.議 事

議案第1号 柏市通学区域審議会委員の委嘱について

説明

学校教育部長:柏市通学区域審議会委員の任期満了に伴い、新たに委員を委嘱したいので提案するものです。新たに委嘱する委員は、資料のとおりでございます。委員20人の内訳ですが、再任が12人で新任が8人でございます。男女の割合は男性が12人で女性8人です。任期は平成21年11月1日から平成23年10月31日までの2年間でございます。

渡来委員:委員の中に市議会議員が入っていますが、市民の代表ということでよろしいでしょうか。

学校教育部長:柏市通学区域審議会規則の中で決められているものです。

採決結果

全委員賛成可決

10.協議

臨時会予定

  • 教育委員会第4回臨時会
  • 日時:平成21年11月19日(木曜日)開会午前11時
  • 場所:沼南庁舎501会議室

定例会予定

  • 教育委員会第11回定例会
  • 日時:平成21年11月26日(木曜日)開会午後2時30分
  • 場所:沼南庁舎501会議室

11.その他

河合教育長:10月23日金曜日に千葉県総合教育センターで開催された平成21年度第1回教育委員研修会に参加しました。午前の部は「学習指導要領改訂の基本的な考えかた」という内容で、文部科学省スポーツ青少年局長の布村幸彦氏の講演がありました。布村氏は現在スポーツ青少年局長ですが、新学習指導要領の改訂にかかわっておられ、その時の話をされていました。主な内容は、新学習指導要領の基本理念、体育の振興、徳育の充実、知育・徳育・体育などでした。詳細はお手元の資料のとおりです。午後は4つの分科会が行われました。第1分科会が学習指導要領について、第2分科会がスポーツ振興と体力について、第3分科会が学校家庭地域連携について、第4分科会が特別支援教育の推進について行われ、私は第4分科会の特別支援教育分科会に参加しました。参加者は27名でした。千葉県特別支援教育課長から、県は特別支援学校担当と特別支援学級担当に分かれているなどの概要説明がありました。県は障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例を制定しており、特別支援学校を支援していくとのことでした。千葉県では平成19年3月に特別支援教育推進計画を作りました。発達障害者の発生率は全国では6.3%程度ですが、千葉県の状況は4%程度だそうです。また、千葉県では教員の専門性を高めるための研修を行っており、怒りをコントロールする関わり方の理論と実践や、障害のある子の指導に必要な医学的知識などの内容については、非常に倍率が高いということでした。また、特別支援学校のセンター的機能や国等の推進事業についての説明がありました。外部人材による支援体制の充実については、県の専門家チームによる市町村特別支援教育アドバイザー等への支援や特別支援体制への助言を行っていること、学生ボランティアによる支援や地域支援ネットワークづくりについての説明がありました。その後の意見交換では、就学判定までの実情、教員の専門化、外部人材の活用などについての質問がありました。

渡来委員:教育長の研修報告に「流山高等学園は試験制をとる」と書いてありますが、流山高等学園とは特別支援学校の高等部を指すのでしょうか。

教育研究所長:そうです。特別支援学校の流山高等学園は、来年度に旧流山東高校を改修して第2キャンパスを設置し、新たな職業コースも新設するそうです。それに伴い定員を増やしたため、志願者数が増加しているようです。今までも流山高等学園は簡単な試験を行っていたと聞いております。また,我孫子特別支援学校が沼南高柳高校の中に同じく職業コースを開校して、入学に際し簡単な試験を行う予定のようです。

渡来委員:本日、光ケ丘中学校の特別支援学級を視察してきました。知的障害学級と情緒障害学級とも先生や生徒が積極的に取り組んでおり、大変良い状況で勉強されていると感じました。特別支援教育補助員の配置は十分でないと思いますので、配慮していただきたいと思います。

12.閉会宣言

情報発信元

生涯学習部教育総務課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7389
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート