柏市教育委員会平成21年第5回定例会会議録

最終更新日 2011年3月1日

ページID 003668

印刷

1.日 時

  • 平成21年5月28日(木曜日)
  • 開会午後2時30分
  • 閉会午後4時02分

2.場 所

沼南庁舎 501会議室(沼南庁舎5階)

3.出席委員

委員長         小菅 あけみ

委員長職務代理者    塚原 純

委員          渡来 正明

委員          前田 寿紀

教育長         河合 良

4.委員及び傍聴人以外の出席者

生涯学習部

生涯学習部長      猿渡 久人

生涯学習部次長     石塚 幸男

生涯学習課長      柴田 幸雄

中央公民館長      足立 知哉

沼南公民館長      額田 修

少年補導センター所長  宮本 知史

文化課長        友野 雅和

スポーツ課長      関  秀樹

図書館長        成島 勉

スポーツ課副主幹    髙橋 一夫

スポーツ課副主幹    川村 光廣

学校教育部

学校教育部長      野中 和彦

学校教育部次長     藤江 美紀雄

学校教育部次長     矢口 國男

学校教育課長      山本 和寿

学校施設課長      大久保 篤

学校安全対策室長    佐藤 正志

学校給食センター所長  村田 秀昭

指導課長        秋谷 雅和

教育研究所長      佐藤 進

事務局

教育総務課副参事    籠  博郎

教育総務課統括リーダー 大上 実

教育総務課副主幹    岡村 秀明

教育総務課主任     渡邊 由美

5.傍聴に関する説明

委員長より、会議は原則公開(「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第13条第6項の規定による)であることの説明、及び「柏市教育委員会会議傍聴規則」第1条の2第2項の規定に基づき傍聴者が1名との報告があった。

6.開会宣言

7.前回会議録の承認

8.教育長報告

報告

 生涯学習部長:教育長報告は全部で6件ございます。まず始めに、市議会平成21年第1回臨時会について及び市議会平成21年第2回定例会についてご報告申し上げます。市議会平成21年第1回臨時会は5月29日に開会いたします。議案は柏市税条例等の一部を改正する条例の制定についての専決処分について及び柏市特別職職員給与条例等の一部を改正する条例の制定についての2件でございます。給与条例等の一部改正については、人事院勧告を受けて特別職と一般職に支給される6月の期末手当を減額しようとするものです。次に、市議会平成21年第2回定例会についてご報告申し上げます。市議会平成21年第2回定例会は、6月5日に開会いたします。質疑並びに一般質問は6月11日から18日までの延べ6日間でございます。文教常任委員会は6月22日の予定です。議案等の採決は6月24日の予定でございます。教育委員会に関係する議案につきましては、示談の締結及び損害賠償の額の決定に関する議案、工事請負契約の締結に関する2議案、平成21年度6月補正予算に関する議案の計4件を予定しております。これらを含め、今回の市議会に提出される議案は条例の一部改正で7件、工事請負契約関係で5件、財産取得で2件等の17議案の予定でございます。

 学校教育課長:新型インフルエンザへの対応についてご報告申し上げます。5月16日に大阪と神戸で発生した新型インフルエンザの影響を受けまして、京都と奈良方面への修学旅行を予定していた市内中学校4校は、5月19日に奈良市内の高校において新型インフルエンザの発生に伴う休校措置が取られたため延期することにしました。また、5月中旬に修学旅行を実施した3校につきましては、帰宅後7日間の検温を行い経過観察を実施いたしました。現在のところ、インフルエンザが疑われる生徒や引率職員はおりませんが、市内で発生した場合は、保護者への通知や学校への指導を行ってまいります。

 指導課長:平成21年度柏市学力向上プラン推進委員会についてご報告申し上げます。教育委員会各課の学力向上に資する事業について、事業の効果を検証するとともに、学識経験者、学校関係者、保護者、地域の方々から柏市の学力向上施策について意見をいただくために、平成21年度柏市学力向上プラン推進委員会を開催いたします。1回目の推進委員会は、平成21年5月26日に開催いたしました。平成21年度につきましては、特に「活用型学力の向上」と「学力差への対応」について検証してまいります。続きまして、平成22年度使用教科書の採択についてご報告申し上げます。平成22年度義務教育諸学校使用教科書採択に当たり、教科用図書東葛飾東部採択地区協議会規約に基づきまして、東部採択地区協議会で協議を行い柏市教育委員会が採択するものでございます。平成21年度の小学校用教科書につきましては、文部科学省の通知を受け、平成20年度と同一の教科書を採択しなければならないこととなっております。中学校用教科書につきましては、中学校用教科書目録のうちから採択することとなっております。また、学校教育法附則第9条の規定による特別支援学級用の図書については、新規本について採択するものでございます。なお、教科書展示会は柏市立図書館で6月19日から7月4日まで開催する予定です。続きまして、いじめ問題への対応についてご報告申し上げます。文部科学省の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」で、昨年度の市内のいじめ認知件数は、小学校249件、中学校380件でございます。発見のきっかけは、学級担任によるものが小学校68件、中学校92件、またアンケート調査によるものが小学校77件、中学校152件でございます。いじめの発見の多くは学校の教職員によるものでした。いじめの態様は、冷やかしやからかいなど言葉によるものが多く、次に、仲間はずれや集団による無視が多く見られ、昨年度までと同じような状況でした。また、今年度は4つの重点的取組を行っていきます。1点目として、早期発見及び早期対応のため、いじめの実態調査を全校対象に毎学期ごとに行い状況把握に努めるとともに、解消困難な事案を抱える学校に対し必要な支援を行ってまいります。2点目として、教育相談機関連絡会でいじめ問題について情報交換を行い、いじめ問題解消へ取り組んでまいります。3点目として、教育委員会各課と役割に応じた連携を図り、いじめ問題解消に向けた取り組みを行ってまいります。4点目として、逆井中学校区において生徒会と地域が連携していじめの未然防止に取り組んでおります。

質疑等

 小菅委員長:学力向上プランの「今後取り組むことのできる対策」の空白の部分はこれから考えていくのでしょうか。

 指導課長:第2回推進委員会において各課で検討した内容を持ち寄り、平成22年2月に開催予定の第3回推進委員会において、最終的な方向性を見出していただきたいと考えています。

 小菅委員長:学力向上プラン推進委員会は、何回ぐらい開催する予定でしょうか。

 指導課長:今年度は3回を予定しております。

 小菅委員長:いじめ問題への対応について、重点的取組の説明がありましたが、具体的な計画を立てている学校はあるのでしょうか。

 指導課長:すでに何校かの児童会が活動して、標語を募集して掲示する活動を行っているとの報告を受けています。

 小菅委員長:重点的取組の中に教育委員会各課の連携を図るとありますが、連携の方法を教えていただけるでしょうか。

 指導課長:情報交換を行いながら教育研究所や少年補導センター等と連携を図っていきます。

 渡来委員:いじめ発見のきっかけの件数が、昨年度より減ったということは努力された結果だろうと思っています。本来ならば、教職員が発見する件数が多いほうがよいと思っています。まだ教職員以外からの情報による発見の件数がかなりありますので、教職員が担当する児童や生徒の様子を見て、できるだけ早く状況を把握して欲しいと思っています。

9.議事

 小菅委員長:本日は10議案が予定されておりますが、議案第7号「示談の締結及び損害賠償の額の決定申入れについて」、議案第8号及び第9号「工事の請負契約の締結申入れについて」、議案第10号「平成21年度6月補正予算(案)の教育に関する事務に係る部分について」の4議案は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第29条に定められている議会の議決を経るべき事案を作成する場合の教育委員会の意見聴取に該当し、現在議案作成段階にあるため「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第13条第6項の但し書きの規定に基づき非公開で審議したいと思いますがいかがでしょうか。

非公開にて審議することについて全委員異議なく承認した。

議案第1号 柏市社会教育委員の委嘱について

説明

 生涯学習部長:柏市社会教育委員の任期満了に伴い、新たに委員を委嘱したいので提案するものです。委員の任期が平成21年5月31日をもって満了となりますので、新たに委嘱するものです。委員は15人以内と規定されております。委員の選出区分は学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者及び学識経験者と規定されております。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。学校教育関係者は2人とも新任の委員でございます。社会教育関係者は8人で、再任が5人で新任が3人です。学識経験者は3人で、再任が1人で新任が2人です。新任のうち1人は公募委員でございます。委員13人のうち女性委員は5人で構成比は38.5%となります。任期につきましては、平成21年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

 渡来委員:議案第1号から議案第3号までの3議案に、全て委員として名前が載っている方がおりますが、代えることはできなかったのでしょうか。

 生涯学習部長:この方につきましては、柏市と沼南町が合併する以前から、公民館活動や音楽サークル活動等に携わり、地域の社会教育等に大変詳しいことからお願いいたしました。

 小菅委員長:公募委員は1名枠で募集したのでしょうか。それとも、適任者が1人しかいなかったのでしょうか。

 生涯学習部長:公募委員は何名と決まってはおりませんが、今回は1名枠で募集しました。

採決結果

全委員賛成可決

議案第2号 柏市公民館運営審議会委員の委嘱について

説明

 生涯学習部長:柏市公民館運営審議会委員の任期満了に伴い、新たに委員を委嘱したいので提案するものです。

委員の任期が平成21年5月31日をもって満了となりますので、新たに委嘱するものです。委員は15人以内と規定されております。委員の選出区分は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者及び学識経験者と規定されております。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。学校教育関係者は2人で、再任と新任ともに1人でございます。社会教育関係者は6人で、再任が5人で新任が1人でございます。家庭教育の向上に資する活動を行う者は新任1人です。学識経験者は3人で、再任が2人で新任が1人です。新任は公募委員でございます。委員12人のうち女性委員は5人で構成比は41.7%となります。任期は平成21年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

 渡来委員:公募委員の肩書きを教えていただけるでしょうか。

 生涯学習部長:公募委員の選任は行政改革推進課が行っておりますが、その資料によりますと、民間の会社に勤めていたかたで年齢は75歳です。特に肩書きはございません。

 渡来委員:その他の公募委員の肩書きについて、分かる範囲で教えていただけるでしょうか。

 生涯学習部長:柏市社会教育委員の公募委員ですが、71歳で無職でございます。これまでに委員に選任されたことはありませんが、2回ほど社会教育委員に応募された経歴がございます。

 中央公民館長:柏市公民館運営審議会委員の公募委員は、中央公民館の利用者で2つの団体の代表を務めておられます。今回の中央公民館フェスティバルの実行委員でもございます。

 小菅委員長:公募委員は書類選考で決めるのでしょうか。それとも面接を行うのでしょうか。

 生涯学習部長:履歴書と小論文を基にして選考しております。

採決結果

全委員賛成可決

議案第3号 柏市文化振興審議会委員の委嘱について

説明

 生涯学習部長:柏市文化振興審議会委員の任期満了に伴い、新たに委員を委嘱したいので提案するものです。

委員の任期が平成21年5月31日をもって満了となりますので、新たに委嘱するものです。委員は15人以内と規定されております。委員の選出区分は、文化団体及び文化施設の代表者及び学識経験者と規定されております。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。文化団体の代表者は4人で、全員再任でございます。文化施設の代表者も4人で、再任が3人で新任が1人です。学識経験者も4人で、再任が3人で新任が1人です。新任は公募委員でございます。委員12人のうち女性委員は4人で構成比は33.3%となります。公募委員は71歳の無職の方で、柏市環境審議会委員をなさっております。任期は平成21年年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

 小菅委員長:3番の委員さんの「サークルあんだんて」は文化団体なのでしょうか。

 文化課長:そうです。合併前は沼南公民館を拠点にサークル活動を行っておりました。柏市文化連盟に加盟している団体です。

 前田委員:職等の欄に公募委員、選出区分の欄は学識経験者と記載されていますが、選出区分欄に公募委員、職等に肩書き等を記載されたほうが分かり易いのではないでしょうか。

 生涯学習部長:審議会や委員会の委員の選出区分は法律等で規定されておりますので、このような記載になります。

採決結果

全委員賛成可決

議案第4号 柏市スポーツ振興審議会委員の任命について

説明

 生涯学習部長:柏市スポーツ振興審議会委員の任期満了に伴い、新たに委員を任命したいので提案するものです。

委員の任期が平成21年5月31日をもって満了となりますので、新たに任命しようとするものです。委員は10人以内と規定されております。委員の選出区分はスポーツ振興法で学識経験者及び関係行政機関の職員の中から任命すると規定されておりますが、今回は全て学識経験者で選出しております。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。再任が4人で新任が6人です。委員10人のうち女性委員は3人で構成比が30%でございます。公募委員につきましては、69歳で平成18年度に男女共同参画推進審議会委員をされていた方です。委員の任期は平成21年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

 渡来委員:9番の委員さんの職等の欄に記載されているNPO法人スマイルクラブは、どのような活動をされているのでしょうか。

 スポーツ課長:総合型地域スポーツクラブとして、年齢、性別、障害の有無にかかわらず、地域でいろいろなスポーツや健康づくりができるよう,地域住民の活動を支援している団体でございます。

採決結果

全委員賛成可決

議案第5号 柏市スポーツ障害予防委員会委員の委嘱について

説明

 生涯学習部長:柏市スポーツ障害予防委員会委員の任期満了に伴い、新たに委員を委嘱したいので提案するものです。委員の任期が平成21年5月31日をもって満了となりますので、新たに委嘱するものです。委員は15人以内と規定されております。委員の選出区分は、スポーツ障害予防委員会規則により、柏市医師会の構成員、柏歯科医師会の構成員、スポーツ関係団体の構成員、小学校又は中学校の養護教諭と規定されています。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。柏市医師会からは6人で、再任が3人で新任が3人でございます。柏歯科医師会からは新任1人でございます。スポーツ関係団体からは7人で、再任が6人で新任が1人です。養護教諭は新任1人でございます。委員15人のうち女性委員は4人で構成比は26.7%となります。任期は平成21年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

なし

採決結果

全委員賛成可決

議案第6号 柏市立図書館協議会委員の任命について

説明

 生涯学習部長:柏市立図書館協議会委員の任期満了に伴い、新たに委員を任命したいので提案するものです。

委員の任期が平成21年5月31日をもって任期満了となりますので、新たに任命するものです。委員は15人以内でございます。委員の選出区分は図書館法により、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者及び学識経験者と規定されています。委員の氏名等につきましては、お手元の資料のとおりでございます。学校教育関係者は2人でいずれも再任です。社会教育関係は2人で、再任と新任ともに1人です。家庭教育の向上に資する活動を行う者は2人で、再任が1人で新任が1人ございます。学識経験者は6人で、再任が5人で新任が1人です。新任は公募委員でございます。4人の応募がありましたが,選任された委員は、年齢71歳でパートタイマーをされている方でございます。委員12人のうち女性委員が8人で構成比が66.7%です。任期は平成21年6月1日から平成23年5月31日までの2年間でございます。

質疑等

 小菅委員長:公募委員に応募された4人の男女比を教えていただけるでしょうか。

 生涯学習部長:4名とも男性です。

採決結果

全委員賛成可決

10.協 議

次回定例会予定

教育委員会平成21年第6回定例会

日時:平成21年6月25日(木曜日)開会午後3時30分

場所:沼南庁舎501会議室

11.その他

 河合教育長:5月14日から15日まで松本市で開催された関東地区都市教育長協議会に参加しました。2日目の第1分科会で、鴨川市の長谷川教育長から「鴨川市の教育ビジョン」の説明がありましたので、その内容について報告いたします。鴨川市は、千葉県下では一番早く小中一貫教育を実施しました。最近の情報では、船橋市の若松中と若松小が平成21年度から3年間、研究指定校として小中一貫教育を実施するそうです。横浜市内の小中学校も全体的に小中一貫教育を推進するとのことです。小中一貫教育は、教員の小学校と中学校間の交流、学校間の距離の問題等があるため,実施までに時間がかかります。鴨川市は、教育ビジョンで「学んでよかった、住んでよかったと実感できる鴨川市」ということを掲げています。鴨川市の教育における課題として、少子化の問題、校舎の耐震化の問題、不登校の増加の問題等を勘案して小中一貫教育を始めたそうです。小中一貫校の検討については、教育長に就任して1年半をかけて学校適正規模検討委員会を立ち上げ、そこで答申をいただいたそうです。提言の内容は、1点目は小中一貫校が必要であること、2点目が学校規模の適正化、3点目が幼保一元化の推進でした。小中一貫校の必要性は、生きる力、考える力、基礎学力、自ら学び考える力、豊かな心と人間関係をつくる力をつけさせることです。スタイルとしては統合型小中一貫校と分離型小中一貫校の両方ありますが、どちらも一貫したカリキュラムは変えずに教科担任制を導入し、指導面での一貫性をメリットとします。平成20年度には小学校教員に12時間の悉皆研修を行い、平成21年度から全ての小学校で1年生からの英語教育を開始したそうです。また、新設した長狭学園は、既存の中学校に小学校3校を統合し、長狭中学校の近くに新設学校として小学校3校分の敷地を確保したそうです。中学校は小規模化しているので、中学生と小学校5、6年生を同じ校舎に配置して、隣接する学校を統合して、小学校1年生から4年生までを配置した統合型スタイルにしたとのことです。2点目の問題は学校規模適正化です。複式学級は好ましくないので,その弊害を統合により解消したそうです。鴨川市は隣の江見町と合併しましたが、江見中学校は100人規模と小さく、一方、鴨川中学校は校舎とグラウンドが河川で分かれていて使い勝手が悪かったそうです。そのため、新しい敷地4.3ヘクタールを48億円で購入し、新しい鴨川中学校を設置して2校を統合したとのことです。小中一貫校と統合については、検討委員会を立ち上げて実施したそうです。3点目は幼保一元化の問題です。幼児や児童生徒数が減ってきている地域なのですが、12ブロックに分かれているそれぞれの地域で公立幼稚園と保育園を持っているので,それを統合して幼保一元の施設にする考えだそうです。これにより校舎等の耐震化が促進されるそうです。また、県立特別支援学校へはバスで1時間半かかるので、市内の小学校4教室分を県立特別支援学校の教室にしたとの説明がありました。これらの説明に対して、いろいろな質問がありました。まず、小学校3校を統合して新しい学校にした場合、3校分の土地と建物はどのように利用するのかとの質問には、それが一番大変な問題であるとのことでした。1校は幼保一元化の施設にすることを考えており,残りの2校は、他県からも活用し易い自然教室的な施設として使用するか、または大学の誘致材料として考えているそうです。また、通学距離が遠くなるので、スクールバスを借り上げて、路線バスと併用して運行するようにしているそうです。小中一貫校にすることで児童生徒の交流の範囲が狭まるため協調性が低下する恐れがあることや、地域の協力の範囲が限定されてしまう等の問題があるのではとの質問には、学校の質を高めることを優先するとのことでした。また、統合型や分離型の一貫校の場合、校舎が離れていることで本当に一貫性が保てるのかとの質問には、統合型の場合には、小学校と中学校との距離は非常に近いので、中学校の英語の先生が小学校に行って、英語を教えているとのことでした。分離型の場合には、地域で協力できる方を募って協力をしてもらっているとのことでした。なお、特別支援学校の財源負担については、地域の必要性から市側が負担しなければいけないと認識しているそうです。また、バリアフリー等の問題に関しては1階を使わせるようにしているそうです。光熱費については市が負担することで対応しているとのことでした。

 前田委員:平成21年5月26日、松戸市の森のホール21において平成21年度千葉県市町村教育委員会連絡協議会の定期総会が行われ、参加してきました。総会後、千葉県警察本部サイバー犯罪対策室の星野和彦氏による「子どもたちを巻き込むサイバー犯罪について」の講演がありました。講演の内容ですが、教師の最大の敵は非行でしたが、現在は携帯が教師にとって最大の敵とのことでした。多くの青少年がブログやプロフをしている。親たちは携帯電話を買い与えたと思っていても、子どもたちはブログやプロフとして使い始める。最初は楽しく入っていくが、悪用されたり、嫌な書き込みをされて、いじめられるケースがあるとの説明がありました。今は中学生や高校生に問題が起こっているが、今後は、低年齢化が進んでいくとのことでした。柏市でも携帯電話の問題に関して対応していかねばいけないと感じました。

 小菅委員長:5月22日に、桐生市で関東甲信越静市町村教育委員会連合協議会の総会があり、教育長と参加してきました。総会後、「面白い日本語」と題して講演がありました。

 渡来委員:本日、不登校生徒の指導について視察してきました。柏市を3地区に分けて、柏第六小学校、増尾西小学校、大津ケ丘第二小学校を拠点として指導しています。柏第六小学校内の相談室に指導員が常駐して、不登校生徒を将来は学校に通えるように指導しておりました。かなりきめ細かく指導しておられる指導員の姿を見て、不登校の解消が進むと感じました。

 塚原職務代理者:訪問相談指導員の方が丁寧に生徒や保護者に指導しておられました。不登校の生徒さんが学校に通学できることに期待が持てました。

 小菅委員長:5月25日、教育長と学校教育部次長の3人で、市立かしわ幼稚園を守る会の代表者3名のお話を聞きました。教育委員会からは、柏市の幼児教育を大きな視点で捉えて結論を出したと説明いたしました。守る会では、市立かしわ幼稚園にはいつまで入園できるのかを知りたいとのことでした。教育委員会としては、次の段階をきちんと整理してからでないと説明会は開けないとお答えいたしました。共通の目的をお互いの立場で抱えていることを確認いたしました。市立かしわ幼稚園で行われていた良い点を柏市全体に広めるためには、私たちは何をしたらよいか、何ができるかということをこれから詰めていくことにしました。

 渡来委員:前回の教育委員会議で、篠籠田の教育研究所で実施している教育相談は2か月待ちの状態であるとの報告がありました。相談したいと思ったときが一番よいタイミングと考えています。空き教室の利用や人員の確保をして対応していただけるでしょうか。

 教育研究所長:空き教室はありますが、園児がいる時間には相談業務で分室を使用することは難しい面がございます。

 渡来委員:幼稚園は午前中で終わるのでしょうか。

 教育研究所長:幼稚園は午後2時までですが、午後3時まで園庭開放をして保護者同士のコミュニケーションを図っております。また、例年、途中入園者も多く、年度途中で2クラスになる可能性もありますので、空き教室を利用して相談業務を行うことは難しい状況でございます。

12.閉会宣言

情報発信元

生涯学習部教育総務課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7389
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート