柏市教育振興計画 後期基本計画への意見募集(パブリックコメント)の実施結果について

最終更新日 2019年3月18日

ページID 034361

印刷

柏市では、柏市教育振興計画 後期基本計画(案)について、平成28年2月10日から平成28年3月9日に、パブリックコメント(意見募集手続)を実施して意見を募集しました。その結果、3名の方から13件の意見が寄せられました。貴重な意見をお寄せいただきありがとうございました。頂いたご意見の概要及び、これに対する市の考え方は次のとおりです。

ご意見と市の考え方
番号 意見 市の考え方
1

柏北部東地区の小学校設置について、「柏都市計画事業柏北部東地区一体型区画整理事業計画書の土地利用計画図」には学校の用地が位置付けられていたり、教育委員会定例会において柏北部東地区の小学校設置についての発言があるにもかかわらず、計画(案)への記載がない。柏の葉キャンパス駅や柏たなか駅周辺は、市の計画等においても非常に重要な地区に位置付けられており、今後持続可能なまちに発展させていくために、若い世代の定住化も非常に重要になってくると思う。計画に柏北部東地区の小学校設置(整備)に関する取組が記述されることを強く望む。

柏北部東地区新設小学校整備については、関係機関と調整中のため、計画への位置付けは見合わせていました。しかし、学校整備は、多くの方々に影響がある事業のため、計画に位置付けることといたします。

2

学校支援体制の充実にあたり、地域学校協働本部への移行と転換、設置の推進をすることで、次代を担う柏の子供たちが、社会を生きぬくために必要な力を身につける機会を増やし、たくましく、健やかに成長できる教育の実現を目指して欲しい。

学校支援体制の充実については、地域学校協働本部への移行に向けて必要な体制整備等について、内部で準備が整っていないことから、国や県の動向を踏まえて今後の方向性を検討することとし、当面は学校支援地域本部事業を推進してまいります。

3

今年度は、柏市教育振興基本計画と柏市教育大綱の策定作業が進めているが、今回提示された柏市教育振興基本計画(案)には柏市教育大綱に関する記述が見受けられない。このため、柏市教育大綱に関する記述と併せて、教育大綱との整合に関する記述を、「第1部 計画の概要」のどこかに記載すべきと考える。

ご意見に基づき、第1部の3 計画の位置付けにおいて、柏市教育大綱との関係性について記載いたします。

4

柏市教育振興基本計画(案)に、「達成指標」の記述があるが、数値目標が一切見受けられない。地方自治体に教育基本法の策定を努力義務として定めている「教育基本法」では、「国の教育振興基本計画を参酌し~」との記述があり、国の教育振興基本計画にも数値目標が記載されている。このため、柏市の教育振興基本計画 後期基本計画にも数値目標を定める必要があると考える。数値目標を今後定めるのであれば、その旨を記述したり、再度、パブリックコメントの実施などが必要になると考える。

今回の計画(案)に対するパブリックコメントは、計画の基本的な方向性及び具体的な施策について意見を募集するものであり、達成指標の数値目標の設定に係るパブリックコメントを再度実施する予定はありません。

5

個別の施策や取組を記載する前に、なぜ、このような施策や取組が必要かの理解を促進するため、教育の現状や課題などを記載した方が丁寧であると思う。

後期基本計画では、基本施策ごとに柏市の教育の現状と課題を記載しています。

6

21ページ 英語教育の推進

次期指導要領の改訂を見据えたなどの記述をしたほうが丁寧であると思う。

次期学習指導要領の改訂を含めて記載いたします。

7

22ページ 達成指標

当該項目に掲げている達成指標以外が必要と考える。これは、幼少連携など、中学1・2年生以外を対象にしていることや、市立高校教育の推進などを取組にしているためである。

幼保小連携の達成指標として、「学校が好きな児童(小学2年生)の割合」を設定いたします。

8

24ページ 国際交流活動の充実

当該項目で、アメリカ・トーランス市と唐突に記述されている感があるため、「姉妹都市提携をしているアメリカ・トーランス市とした方がよいと思う。

姉妹都市提携について追加して記載いたします。

9

28ページ 「学校いじめ防止基本方針」の改善

当該項目は、学校などで一定レベルの基本方針を策定しているため、常に改善が求められる性質のものではないと考える。このためタイトルを「学校いじめ防止基本方針」の充実、とした方が適していると考える。

「学校いじめ防止基本方針」の充実として記載いたします。

10

28ページ、29ページ サイバーパトロールの実施

タイトルが同じで、記載内容が異なるため、同一記述として、(再掲)として記載した方が分かりやすいと思う。

主な取組内容の名称は同一となりますが、記載内容についてはそれぞれ目的が異なるため、計画(案)に基づいて記載いたします。

11

38ページ 達成指標

当該項目に掲げている指標以外が必要と考える。これは、39ページの通学路の安全確保では、保護者や地域団体との合同での訓練等を行わないため、「安全対策を講じた箇所数」などの達成指標の設定が必要と考える。

通学路の安全対策は、毎年各学校からの要望にしたがって対応しています。そのため、対策が必要と思われる箇所は毎年変動することから、「安全対策を講じた箇所数」では、数か年にわたる数値目標としては、有効ではないと考えています。

毎年の要望箇所に対する達成状況は、別途市のホームページを通じて公開していることから、本計画に達成指標を記載することは考えていません。

12

40ページ 達成指標 

当該項目に「学校給食がおいしいと感じている児童生徒の割合」を掲げるのであれば、38ページの記述とは別に、「食物アレルギーの児童生徒に配慮した学校給食の提供」に関する取組が必要ではないか。

ご意見のあった指標は、給食施設及び備品の整備を進めた結果、学校給食がおいしいと感じる児童生徒が増加することを想定したことから、「基本施策2-5 学校施設の適切な整備及び管理」の達成指標として設定を予定しておりました。しかし、学校給食においては特に食育に関して重点的に取り組むこととしたため、「基本施策2-3 健やかな体をつくる教育の推進」の達成指標として「給食の時間が楽しいと感じている児童生徒の割合」を設定し、当指標については設定しないことといたします。

13

45ページ 子どもに向き合う時間の確保

記載されている主な取組内容だけでなく、一部の保護者(モンスター・ペアレンツ)への対応が先生の時間を割いている要因の一つでもあるため、当該項目に関する記述も必要と考える。

学校に対する苦情等の対応に関する具体的な対策として、主な取組内容において学校法律相談を記載しています。

このパブリックコメントの募集記事を見る

情報発信元

生涯学習部教育総務課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎3階)
電話番号 04-7191-7389
ファクス 04-7190-0892
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート