全国学力・学習状況調査

最終更新日 2019年4月18日

ページID 037663

印刷

 目的

義務教育の水準を等しく維持向上させる観点から、児童生徒の学力や学習状況を把握・分析することで、教育施策の成果と課題を検証するサイクルを確立するとともに、学校での教育指導の充実などにより改善を図ることを目的とする。

対象

  • 小学校6年生
  • 中学校3年生

実施時期

毎年4月

調査の内容

教科に関する調査(国語・算数、数学・理科)

  • 主として「知識」に関する問題 (A)
  • 主として「活用」に関する問題 (B)

(補足1)平成24年度、27年度、30年度調査では「理科」を追加。
(補足2)前年度までの学習単元から出題される。

生活習慣や学校環境に関する質問紙調査

  • 児童生徒に対する調査
  • 学校に対する調査

調査の方式

  • 平成19年度から21年度、26年度以降は悉皆調査。
  • 平成22年度、24年度は抽出調査及び希望利用方式。
  • 平成23年度は東日本大震災の影響等を考慮し、非実施。
  • 平成25年度はきめ細かい調査。
    (補足3)きめ細かい調査とは、経年変化分析や経済的な面も含めた教育格差を把握するため、悉皆の本体調査の他に、経年変化分析調査、保護者に対する調査、教育委員会に対する調査を抽出で実施したもの。

柏市の結果報告

下のリンクをクリックすると、pdfファイルが開きます。

関連ページ

情報発信元

学校教育部教育研究所

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎4階)
電話番号 04-7191-7387
ファクス 04-7191-7380
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート