小中学校の施設整備計画

最終更新日 2018年10月2日

ページID 045574

印刷

小中学校の施設整備計画

施設整備計画とは

施設整備計画とは、学校施設環境改善交付金(注釈参照)を受けて、学校の校舎や屋内運動場の耐震補強やトイレ改修等を行おうとする際に、事業について定める計画で、柏市では3年ごとの計画としています。

(注釈)学校施設環境改善交付金とは、児童生徒の学習・生活の場であり、地震等の災害発生時には地域住民の応急避難場所としての役割も果たす学校施設の学習環境を整え、安全性を確保するため、その整備に要する経費の一部を、国が交付金として地方公共団体へ交付するものです。

 事後評価

事後評価とは、施設整備計画の計画期間完了後に、柏市教育委員の意見聴取等を行ったうえで、各事業の実施状況について公表し、また文部科学大臣に報告するものです。平成25年度から平成27年度に計画していた事業について、平成28年度までに完了しましたので、事後評価を行いました。

情報発信元

学校教育部学校施設課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎2階)
電話番号 04-7191-7379/7382
ファクス 04-7191-1660
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート