耐震補強事業

最終更新日 2018年10月4日

ページID 000934

印刷

耐震補強事業

平成7年におきた阪神・淡路大震災では、建築物等の倒壊により多数の人命が奪われました。この教訓を契機に既存建築物の耐震性の向上と地震による被害の減少を図るため、既存建築物の耐震改修等を含む耐震化施策が進められることになりました。

特に学校施設は、児童生徒が一日の大半をすごす学習・生活の場であり、安全で安心な、快適にすごせる場を提供するとともに、災害が発生した時には、地域市民の避難場所としての役割をも果たすことから、安全性の確保は極めて重要であり、学校施設の耐震化は緊急の課題として取り組んできました。

耐震補強工事は新耐震基準(昭和56年)以前に建築された建物が対象となり、平成27年度に完了しました。

耐震補強工事の状況

情報発信元

学校教育部学校施設課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎2階)
電話番号 04-7191-7379/7382
ファクス 04-7191-1660
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート