インフルエンザの治癒証明の変更について(令和元年12月から)

最終更新日 2019年11月26日

ページID 052846

印刷

柏市立小・中学校では、インフルエンザに罹患し出席停止となった児童生徒が登校を再開する際には、医師の治癒証明書をいただいておりましたが、インフル エンザ流行時に治癒証明書発行のために医療機関を再受診することでのリスクを避けるため、学校への提出書類を保護者が記入する「インフルエンザ経過報告書」に変更します。

医療機関にてインフルエンザと診断された場合は、必ず、その旨を学校に御連絡いただき、医師及び学校からの指示に従い自宅で安静に過ごし、発症日から5日かつ解熱後2日が経過しましたら、「インフルエンザ経過報告書」を持って登校してください。

ただし、状態が回復しない場合や医師の指示があった場合は、再度かかりつけ医を受診してください。

「インフルエンザ経過報告書」の用紙につきましては、下記よりダウンロードいただくか、学校へお申し出ください。

なお、インフルエンザ以外の感染病につきましては、従前のとおり治癒証明書での対応となります。

関連ファイル

情報発信元

学校教育部学校保健課

所在地 柏市大島田48番地1(沼南庁舎2階)
電話番号 04-7191-7376
ファクス 04-7191-1212
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート